ワイメールでのステップメールの作り方と名前の差込!!

notebook2

今回はワイメールでステップメールを作っていく方法を解説します。

 

ワイメールは使う人がステップメールを構築しやすいような作りになっているので、簡単にストーリを作成する事ができます。

 

作成方法

まずは【ステップメール設定】のタブを選択し、ステップメールリストへ進みます。

 

リストの中から設定したいステップメールを選びます。

 

waime-ru4

 

初期設定に関しては下記の記事で確認してください。

 

関連記事⇒ワイメールの使い方とステップメール初期設定方法!!

 

次に【ストーリーの設定状況】の項目にある【ストーリー新規追加】を選択します。

 

waime-ru0

 

ここで、送るメールのタイトルや配信間隔、時間を設定します。

 

すぐにステップメールを送信しない場合は【稼働状況】を停止中にしておきましょう。

 

規定のヘッダーは、【共通設定】⇒【規定のヘッダ・フッタの設定】という部分であらかじめ文章を登録しておけば、それを選択して利用する事ができます。

 

waime-ru

 

次に本文を入力します。

 

メールが送信された時に、文章が横に長くなってしまうと読み辛くなってしまうので適度に改行しながら文章を入力していきます。

 

【規定のフッタ】も先程のヘッダーと同じで、共通設定の部分で文章を登録しておけば、その文章を選択して利用する事ができます。

 

waime-ru1

 

 

本文中にメルマガ登録者の名前や送信者名、1クリック解除URLを差し込みたい場合は、右の共通タグという部分から挿入する事ができます。

 

例えば本文中に%%NAME%%というタグを差し込んでおけば、メール送信時に設定したメルマガ読者の名前を差し込んで送信してくれます。

 

waime-ru2

 

 

テスト配信

本文の作成が完成したら【設定して保存】をクリックしてストーリを登録できます。

 

ただ、その前に必ずテスト配信をしてメールを確認しておきましょう。

 

waime-ru3

 

テスト配信するメールアドレスを入力して、届いたメールを開いてみます。

 

ここで、きちんと共通タグに文字が差し込まれているか、文章の区切りが中途半端で読みにくい構成になっていないかなどをしっかり確認しましょう。

 

たまにメルマガを購読していると、名前が挿入されずに%NAME%%という表記になっていたりするものがあります。

 

これは読者の方が離れていく原因にもなります。

 

せっかく作ったステップメール。

 

テスト配信は少し面倒かもしれませんが、最後まで気を抜かないようにしましょう。