スタードメインとエックスサーバーの連動とワードプレスのインストール!!

今回はスタードメインで取得した独自ドメインとエックスサーバーを結びつける方法についてです。

 

スタードメインとエックスサーバーを結びつけるにはドメイン側の設定から変更していく必要があります。

 

少しややこしく感じるかもしれませんが、作業自体は簡単なので、1つづつ確実に終わらせていきましょう。

 

スタードメイン

まずはスタードメインにログインして、契約中のドメイン一覧からエックスサーバーと連動させたいドメインの【ドメイン管理ツール】をクリックします。

 

stardomain3

 

次に【ネームサーバーの確認・変更】を選択します。

 

domain1

 

ネームサーバーを入力する欄が表示されるので、下記のようにエックスサーバーのネームサーバー情報を入力しましょう。

 

stardomeindns

 

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp

ネームサーバー2 ns2.xserver.jp

ネームサーバー3 ns3.xserver.jp

ネームサーバー4 ns4.xserver.jp

ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

 

入力が終わったら確認画面に進み確定します。

 

これでスタードメイン側での手続きは完了です。

 

続いてエックスサーバー側での設定に移っていきましょう。

 

 エックスサーバー

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、ドメイン設定をクリックします。

 

xserver2

 

xserverdomain0

 

タブの部分で【ドメインの追加設定】を選択し、追加する独自ドメインを入力します。

 

入力したら【ドメインの追加(確認)】をクリックして確定します。

 

xserver3

 

ドメインの追加が完了すると下記のような画面が表示されます。

 

xserverdomain2

 

これで、取得した独自ドメインとエックスサーバーが連動されました。

 

次にワードプレスのインストールに移りましょう。

 

ワードプレスのインストール

サーバーパネルのトップページに戻ります。

 

【設定対象ドメイン】をワードプレスをインストールするドメインに設定して、自動インストールをクリックします。

 

xserverdomain3

 

【プログラムのインストール】タブを選択して、ワードプレスの日本語版の【インストール設定】をクリックします。

 

xserverdomain4

 

必要事項を入力してインストールを実行します。

 

ユーザー名とパスワードはワードプレスの管理画面にログインする際に必要となります。

できれば、英語と数字を組み合わせてセキュリティ性の高いものにするようにしましょう。

 

xserverdomain5

 

インストールが完了すると、管理画面へのURLが表示されますので、その画面でIDとパスワードを入力すればワードプレスのダッシュボードにログインできます。

 

xserverdomain6

 

すぐに、ログイン画面が表示されない時は少し時間を置いてからアクセスしてみて下さい。

 

時間が経ってもページが表示されない時は【F5】のキーを押して画面を更新すると表示されることがあります。

 

まとめ

これで、独自ドメインとエックスサーバーの結び付け、ワードプレスのインストールが完了です。

 

あとはパーマリンクやping送信、プラグインなどの基本設定をして、好きなテーマ(テンプレート)などでカスタマイズしていけば完了です。

 

関連記事⇒ワードプレスに入れておきたいおすすめプラグイン一覧!!

関連記事⇒初心者におすすめのワードプレスのパーマリンク設定!!

関連記事⇒ブログの更新情報を伝えるPing送信先の設定方法!!