トレンドアフィリエイトで稼げないと挫折する人の5つの改善点!!

zasetu

トレンドアフィリエイトを実践している人から聞こえてくる「稼げない」という言葉。

 

「2015年は飽和したから無理」だとか、「いくらやっても収入が発生しない」と挫折していく人がいます。

 

こういった状況におちいる人には3つのパターンがあることが分かったので、今回はそのパターンを紹介します。

 

もし、自分がこのパターンに当てはまっていたら要注意です。

 

記事数が少ない

先日、たまたまトレンドアフィリエイトの実践者の方とお会いしたのですが、その人が「いくら記事を書いても全然稼げません。」とぼやいていました。

 

この言葉に「何記事くらい書いたんですか?」と尋ねると、

 

「50記事くらいです」(`・ω・´)キリッ

 

という返事がかえってきました。

 

・・・・・・・・・。

 

この時は返答に困ってしまったのですが、正直50記事くらいでは目に見える結果が出るはずがありません。

 

人によっては60記事くらいで収入を軌道に乗せてくる人もいますが、初心者であれば100記事を過ぎたくらいからがスタートになるくらいです。

 

この事からも分かるように、トレンドアフィリエイトで稼げないという人は、単純に書いている記事数が少ないという事が言えます。

 

例えば資格試験があったとして、「私は資格を取るために500時間以上勉強してきました。努力してきたので絶対に受かります。」と自信満々で挑んだとします。

 

しかし、その資格はある程度難易度の高いもので、合格者の平均勉強時間が1000時間だったら。

 

500時間の勉強時間というのは結果を出すのに十分な努力量とは言えません

 

zasetu

 

トレンドアフィリエイトの作業は孤独になりがちで、周囲との交流もないので情報があまり入ってきません。

 

なので、自分だけが努力したつもりになっているケースというのは意外と多いです。

 

記事数が少なければ収入が発生する訳はありません。

 

初心者であればネタ選定やタイトルの付け方が的を射ていない可能姓が高いので、100記事を超えてからやっと、スタートだと思いましょう。

 

記事数に問題がなければ

「既に200記事は書いているけど3万円も稼げていない」という人は、

 

  • ネタの選定方法
  • タイトルの付け方
  • キーワードの選び方
  • ライバルチェック

 

のどれかに問題があります。

 

ネタ選定

ネタの選定方法に関しては、トレンドアフィリエイトとは多くの人が興味を持っている事を記事にしなければいけません。

 

しかし、元々検索する人が少ないようなマニアックなネタを選んでいる人は意外と多いです。

 

特に特化型のトレンドブログは参入するジャンルでほぼ収入が決まってきます。

 

世間の流行や注目されているものに目を向けて、検索需要の多いネタを記事にしていきましょう。

 

タイトルの付け方・キーワードの選び方

タイトルの付け方に関しては多くの人が自己流でタイトルをつけてしまっています。

 

まず狙うべきキーワードを決めてから、そのキーワードを散りばめてタイトルをつけます。

 

例えば、子供の運動会の服装に悩む親をターゲットにした場合。

 

sitemaps

 

検索されるであろうキーワードは【運動会】⇒ 服装 ジャージ 母親 父親 靴 おすすめとなります。

 

これらのキーワードを散りばめてタイトルを作っていきます。

 

【例)】子供の運動会で母親の服装がジャージというのはあり?

 

といった感じです。

 

このように、検索されるであろうキーワードを散りばめたタイトルをつけるようにしましょう。

 

ライバルチェック

記事数も書いていてネタ選定やタイトルの付け方もきちんとできているという人は、このライバルチェックに問題があります。

 

個人的な印象では、ここでつまづいている人が多いと感じています。

 

簡単に言うと、みんなが書く記事を書いてしまって、混戦になり、記事が埋もれてしまうという事です。

 

ブログにもレベルというものがあります。

 

10年運営されていて記事数が2000記事あるブログと、始めたばかりで記事数が500記事しかないブログでは、同じ記事を書いても10年運営されているブログの方が上位表示されます。

 

これは、会社の勤続年数が長い方がローンが通りやすいというのと同じです(笑)

 

運営期間が長いという事はそれだけでブログ自体に信頼があるので、争っても勝ち目はありません。

 

これは、上位にあるサイトが企業のサイトやトレンドアフィリエイターのサイトかで見分ける事が出来ます。

 

企業のサイトであればWordpressの記事では基本的に太刀打ちできません。

 

トレンドアフィリエイターのブログであった場合は、そのブログが有料テンプレートを使っていて、自分のブログよりも明らかに記事数が多いものであれば避けた方がいいでしょう。

 

しかし、無料のテーマを使っていたり、記事数が少なく、作ったばかりのブログであればそこが狙い目です。

 

ポイント

最後に紹介したライバルチェックというのは必ず行った方がいい作業です。

 

しかし、初心者のうちはどういったサイトが強いのかどうか判断ができません。

 

なので、最初のうちはライバルを気にせず、とにかく記事を書いていきましょう。

 

上位表示できないとしても、記事を書かないよりは書いた方が練習にもなるので、絶対に効果的です。

 

その中で、だんだん上位表示されやすいキーワードや、ライバルのブログの強さを判別できるようになってくるので、最初のうちはとにかく記事を書くことに専念しましょう。

 

そして何より、まずはしっかりと記事を書いていく事を意識していきましょう。

 

記事数と金額の関係は一概には言えませんが、私の場合は初心者から始めて、200記事で月収10万円といった感じだったので、この数字を参考にしてみて下さい。