トレンドアフィリエイト記事の文字数について!!

keyboard

トレンドアフィリエイト実践者の中でよく言われているのが、記事の文字数は800文字~1000文字くらいで書きましょうというもの。

だいたいのトレンドブログを見てみても1000文字程度で書かれているものが多いです。

 

ただ、勘違いしてはいけないのが、この1000文字というのはあくまでも目安の文字数という事です。

 

1000文字書けば安心?

目安という事は、もちろん、これ以上の文字数の記事を書いてもいいという事なのですが、1つの記事を書いて2000文字になったとすると、多くの人は記事を2つに分けて、別々の記事としてアクセスを得ようと考えます。

 

私もそういった手法を使っていたのですが、最近この手法は逆効果なのではないかと思うようになりました。

 

この場合、記事を2つに分けたとしてもメインで狙っていくキーワードは同じはずです。

 

keyboard

 

試してみると、このパターンだと、どちらか1つの記事が上位表示できたとしても、もう一つの記事は検索上位に入らないことがほとんどです。

 

つまり、Googleはなるべく1つのブログから同じキーワードに関して書かれた記事は検索結果の上位に並べないようにしているような感じがしています。

 

実験的な段階なのでハッキリとしたことは言えませんが、それであれば記事を分割するよりも、文字数を増やして確実に検索結果の上位が取れるようにしておいた方が、やり方としては賢いです。

 

なので、これからは1000文字書けば良いということではなくて、その記事を価値ある内容にするために必要な内容を詰め込み、それが2000文字になればそのままアップしてた方が良いのではないかと思っています。

 

記事の文字数というボリュームでライバルに差をつければ、同じくらいのレベルのサイトであれば、同じキーワードで狙った記事も上位表示される確率が高くなります。

 

Googleの観点

これをGoogleの観点から考えてみましょう。

 

SEOの大前提を思い出してほしいのですが、Googleは価値のある記事を上位に表示させようとしています。

それには記事の文字数というボリュームが1つの目安になります。

 

そして、情報の公平性という面では、同じ人が書いたブログ記事を上位に2つ並ばせるよりは、違う人(サイト)の記事を並ばせたいはずです。

 

そのため、同じ人が書いた同一内容の記事は、あまり評価されない傾向にあると考えられます。

 

そう考えると、せっかく1つの事柄に対して書き上げた記事を、わざわざ2つに分割して価値を減らすという意味もないので、1000文字というトレンドブログ実践者の平均とされる文字数にこだわるのは、あまりいい方法とはいえません。

 

あくまでも上位表示の評価を下すのはGoogleですからね。

 

他の実践者と同じように平均的な作業量で作業していては、結果を出すまでに時間がかかってしまいます。

 

トレンドアフィリエイトを実践している人たちが平均1000文字しか書いていないのなら、1500~2000文字くらいの文字数を書くつもりで挑んだ方が結果も出やすいはずです。