アドセンスのクリック率を最大限に上げる広告の配置がこれ!!

poji

Googleアドセンスのクリック率が低いというのは、アドセンスアフィリエイトで収入を得ている人には重大な問題です。

 

僕がブログを開設した当初はクリック率が何かという事も分かっていなかったので、余裕で1%を切る状態で記事を書いていました。

 

クリック率が05%から1%になるだけでも単純に収入は倍。

 

そう考えると、アクセスを集めると同様にクリック率を上げることが重要だという事が理解できますよね?

 

そんな訳で今回は、クリック率を上げるための方法をお伝えしていきたいと思います。

 

poji

 

クリック率

アドセンスのクリック率は運営しているブログによって大きく変わってきます。

 

一般的なアドセンスブログ(エンタメ系)であればクリック率は1%前後と言われますが、ファッション系のなどの特化型ブログであれば3%といった数字になる事もあります。

 

これは特化型ブログの場合はブログに訪れる人にマッチした広告が表示されるため。

 

例えば今シーズンの流行のファッションを調べていると、服に関する広告が表示されるといった感じですね。

 

このように、特化型ブログには属性と広告がマッチすることでクリック率が高くなるというメリットがあります。

 

この事からも分かるように、クリック率はブログを作る時点である程度決まってしまう部分もあります。

 

しかし、広告の配置を工夫することでクリック率を最大限に上げることができるので、記事を書いてアクセスを集める前に広告の設定を必ずしておきましょう。

 

クリック率が05%で1万円稼いでいるとしたら、クリック率を1%に上げるだけで2万円稼げるという事になります。

 

最初の頃は記事を書く事だけで余裕もなくなってしまいがちですが、アクセスを集めるのは、クリック率を最大限に高める広告の配置をしておいてからの方が効率的に稼げます。

 

広告配置

私が色々試してみて辿り着いた、クリック率を最大限に上げる広告配置は下記。

 

クリック率を上げるためのadsense広告の最適な位置

 

  • moreタグの後
  • 記事の途中
  • 記事下

 

この3か所です。

 

簡単に言えば記事を読む流れの中に全ての広告を配置してしまうという事ですね。

 

少し前まではネットを見る時はパソコンで見るのが主流でしたが、今では殆どがスマホからのアクセス。

 

実際に私のブログも7割くらいはスマホからのアクセスです。

 

スマホの細い画面ではサイドバーの広告などは下に表示されるので、全ての広告を記事の中に埋め込まないと目に触れる可能性が少なくなります。

 

クリック単価が下がる広告配置

 

クリックされる場所

そう考えると、広告を設置する場所は記事の中に配置する以外にありません。

 

実際にあるブログから15万円近くの収益が発生した時、『moreタグの後』、『記事中』、『記事下』のクリック数にそこまで大きな開きはありませんでした。

 

まあ、『記事下』が頭一つ抜けている数値でしたが、それでも驚くほどの大差ではありません。

 

ブログ記事を読み終わった後に広告を見てくれる人が一番多く、それ以外の広告も記事中に設置しておけば、まんべんなくクリックしてもらえるという事になります。

 

Simplicityというテンプレートを使えば、記事下とmoreタグの後ろに広告を設置してくれるようになっているので、初めのうちはこういったテンプレートを使うのがおすすめです。

 

ただ、そうではなくて、自分できちんと広告の配置を決めたいという場合は、下記の2つのプラグインを利用しましょう。

 

  • 【Master Post Advert】⇒moreタグの後ろに広告を入れる
  • 【AdSense Manager】⇒文中にアドセンス広告を入れる

 

『Master Post Advert』に関しては下記の記事で解説しているので、今回はブログ記事の途中に記事を入れることのできる『AdSense Manager』の使い方を説明します。

 

関連記事⇒ワードプレスの記事中にアドセンス広告を表示するプラグイン!!

 

補足

クリック数はmoreタグより記事下広告の方が多いですが、アドセンスは広告単価が高いものから順に表示されるようになっています。

 

そのため、クリック数に大きな開きがなければ、収益的にはmoreタグに設置した広告の方が多くなることが多いです。

 

AdSense Managerの設定

まずはGoogleアドセンスの広告設定から、貼り付ける広告のコードをコピーしてメモ帳などに貼り付けておいてください。

(レクタングル大がおすすめ)

 

プラグインの新規追加からAdSense Managerを検索します。

 

adsense manager3

 

【今すぐインストール】をクリックしてインストールが完了したら有効化をクリックします。

 

すると左側の【投稿】の部分に【Ad Units】という項目が追加されているので、そこをクリックします。

 

adsense manager4

 

すると、下記の画面になるので、ここにアドセンスコードを貼り付けます。

 

この時に中央寄せと、スポンサーリンクの文字も一緒に入れておきましょう。

 

中央寄せする方法⇒<center>★アドセンスコード★</center>

 

貼付けが完了したら【import】をクリック。

 

adsense manager5

 

次に 【BASIC】の下の【Display Options】という項目を全て【YES】にします。

 

【Ad Units】の【name】部分に書かれているコードは後ほど使うのでメモ帳などに貼り付けておきましょう。

 

adsense manager1

 

ここまでの入力が終われば【Save Changes】をクリックして完了させます。

 

AdSense Managerの使い方

次に広告の表記の仕方ですが、記事の新規作成画面に移ります。

 

そして、広告を貼りたい部分に[ad#先程のAd Unitsのname部分]を貼り付けます。

 

今回のケースだと【name】部分はco-1だったので、[ad#co-1]となります。

 

6adsense manager

 

この状態で記事を投稿すると、[ad#co-1]のコードを貼り付けた部分に広告が表示されるようになります。

 

adsense manager7

 

これで、自由な位置に広告を貼れるようになったので、記事の途中の頃合いの良い部分に広告を貼って、クリック率を上げていきましょう。

 

まとめ

通常、ブログに貼れるアドセンス広告の数は3つまで。

 

これを全てAdSense Managerで貼り付けていると結構大変です。

 

一方、Master Post Advertは一度設定すると自動で広告を挿入してくれるのでかなり楽です。

 

なので、記事作成の時間短縮のためにも、この2つのプラグインを組み合わせて使うようにしましょう。

 

関連記事⇒ワードプレスの記事中にアドセンス広告を表示するプラグイン!!