賢威6.2のヘッダー画像をSEOに配慮して変更する方法!!

signboard

WordPressのテンプレート、賢威6.2。

 

SEO効果が非常に高いことに加え、カスタマイズも自由に出来る事から多くの利用者がいます。

 

特にアフィリエイト実践者には、ブログ記事を上位表示させるために必須のアイテムですね。

 

私も賢威6.2の意愛用者なのですが、1つ問題点があるとすれば、ある程度のHTMLの知識がないとカスタマイズが難しいという事。

 

最近のWordpressの無料テンプレートは初心者でも簡単にカスタマイズできるようになっていますが、賢威6.2は、多少なりともHTMLやCSSを変更することが必要です。

 

そこで今回は、ブログ最も目立つ部分、ヘッダーテキストをヘッダー画像に変更する方法を解説します。

 

そして賢威のSEO能力を存分に発揮させるためにも、今回はh1タグを残したままでヘッダー画像を変更していきましょう。

 

ヘッダー画像の設定

まず、ヘッダーにする画像をWordpressにアップロードしておきます。

 

ダッシュボードの【メディア】⇒【新規追加】に進み、ヘッダー画像をアップしましょう。

 

head0

 

アップが完了したら、画像のURLをコピーしてメモ帳などに貼り付けておきます。

 

head1

 

次にダッシュボードに戻って、【外観】⇒【エディター(テーマ編集)】へと進みます。

 

head2

 

右側の一覧に【ヘッダー(header.php)】という部分があるので、これをクリックします。

 

head3

 

コードが表示されるので下記の部分を探します。

 

head4

 

デフォルトでは下記のようになっているので、この<!–▼ヘッダー–>に囲まれている部分(青色の部分)を全て削除します。

 

<!–▼ヘッダー–>
<div id=”header”>
<div id=”header-in”>
<div id=”header-title”>
<p class=”header-logo”><a href=”<?php bloginfo(‘url’); ?>”><?php bloginfo(‘name’); ?></a></p>
<h1><?php h1_keni(); ?></h1>
</div>
<div id=”header-text”>
<p><?php echo the_excerpt_keni(); ?></p>
</div>
</div>
</div>
<!–▲ヘッダー–>

 

削除した部分に下記のコードを貼り付けます。

 

<div id=”header”>
<div id=”header-in”>
<div id=”header-title”>
<p class=”header-logo”><a href=”<?php bloginfo(‘url’); ?>”><img src=”画像 URL ” alt=”” /></a></p>
<h1><?php h1_keni(); ?></h1>
</div>
</div>
</div>

 

そして、画像URLという部分に先程コピーしておいたヘッダー画像のURLを貼り付けましょう。

 

貼付けが終わったら設定を保存し、プレビュー画面で確認してみましょう。

 

ヘッダーテキストからヘッダー画像に変更されています。

 

h1タグ

ネット上で推奨されているヘッダー画像の変更方法だと、記事タイトル(h1)が表示されなくなるものがあります。

 

今回の変更方法だと、記事のタイトル(h1)を残したまま表示するので、SEO対策上も有利に働きます。

 

ヘッダー画像を変えるだけでブログの雰囲気が一気に変わるので、サイドバーなどヘッダーに合わせてカスタマイズしていきましょう。