パソコンの画面を画像で保存する方法!!Windows編!!

keyboard-311803_640

パソコンの画面を画像で保存したい時ってありませんか?

 

パソコン画面を画像で保存することを『キャプチャー』や『スクリーンショット』と呼ぶのですが、パソコンの設定方法や画面の中のリンクの位置などを説明する時に便利です。

 

そこで、今回はWindowsを利用している場合の、キャプチャー画像の撮り方をご説明します。

 

スクリーンショット(キャプチャー画像)の利用法

スクリーンショットを使えれば、文章に加えて画像で視覚的に説明ができるので、ブログの記事を書くのがとても楽になります。

 

例えば、地図のキャプチャー画像を撮っておいて、そこに目印や文字での説明を加えることができ、パソコン上の作業の手順を示す時には、文章で書くよりも説明が分かりやすくなります。

 

今回の記事もキャプチャー画像を使用しながら解説をしているので、画面の保存の方法と一緒に、使い方も参考にしてみてもらえばと思います。

 

画面の保存方法

まず、画像として保存したい画面を開きます。

 

そしてキーボードの右上にある【Print screen(プリントスクリーン)】というキーを押します。

(【Fn】キーを押しながら【Print screen】を押さなければいけないものもあります。)

 

keyboard-311803_640

 

機種によっては【Prt Sc】と表記されているものがありますが、位置はほとんどの場合右上にあります。

 

これで、画面の保存が完了しているで、次にペイントを起動させます。

 

caputure

 

ペイントを起動させたら、左上の貼付けをクリック。

 

capture1

 

そうすると、先程保存した画面がそのまま貼り付けられます。

 

切り抜き(トリミング)

画像の必要な部分だけ切り抜くには、【選択】という部分で範囲を指定してから【トリミング】を実行します。

 

capture3

 

すると、選択範囲のみが切り抜かれます。

 

capture4

 

枠線で囲う

画像を枠で囲いたい時は、赤枠の部分で枠の形と、枠の色を決めます。

 

範囲を指定して実行すると、下記のように赤枠で囲うことができます。

 

capture5

 

文字入れ

文字を入れる際には、赤枠の【A】の部分を選択します。

 

文字を入力して確定する前に任意の場所に移動させることも可能です。

 

capture6

 

 

全ての作業が終了したら、左上のファイルアイコンの部分から【名前を付けて保存】を選択します。

 

通常の画像として使うのであれば、ファイル形式をJPEGにして保存すれば完了です。

 

capture7

 

応用編

ペイントには他にも色々な機能があるのですが、基本的には今回紹介した機能が使えれば特に問題はないかと思います。

 

今回の枠線や文字入れ機能を使って簡単なバナーを作る事も可能です。

 

しっかりしたバナーを作りたいとなると、下記のバナープラスを使った方がデザイン性の高いものが出来上がりますが、最初のうちはこの機能で代用していくのもいいかもしれません。

 

バナープラス