この記事は賢威を購入するかどうか迷っているあなたのために書きました。

最後まで読んでもらえば、ネット上にある賢威の評判の怪しい部分や導入することのメリットが理解してもらえるハズです。

よかったらテンプレート選びの参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

こんにちは、たかゆきです。

WordPressで使用するテンプレートを賢威7にしようか悩んでいますか?

ネット上には「AFFINGER(アフィンガー)がSEOに強い!!」「やっぱり賢威7が使いやすい!!」といろいろな情報があり、何を使えばいいか迷ってしまいますよね。

 

僕は賢威を使って複数のブログを運営しているので、基本的には賢威を使うことをおすすめしています。

ただ、テンプレートを賢威7に変えたからといって記事が上位表示されたりアクセスが急激に増えるということはないということをハッキリと言っておきます。

「WordPressのテンプレートを賢威7にすればSEO効果があるから検索結果の上位に表示されるよ。」という情報があればそれはウソです。

 

では、なぜそれでも賢威がおすすめなのか?

その理由を詳しく解説していきます。

 

賢威7とAFFINGER(アフィンガー)

よく比較されるテンプレートが賢威7とAFFINGER(アフィンガー)の2つ。

アフィンガーはアフィリエイターに人気ですが、賢威7はアフィリトだけでなくコンテンツマーケティングにも利用されているイメージです。

 

ここでは簡単に料金だけ比較しておきます。

 

賢威7 アフィンガー
24800円 8500円

※アフィンガーはこちらのサイトからだと公式サイトよりも500円安く購入できます

 

テンプレートは何を使ってもSEO効果に大差はない

繰り返しになりますが、テンプレートは賢威7を使ってもAffingerを使ってもSEO効果に大差はありません。

その理由は、Googleはコンテンツ(記事の内容)を評価して検索順位を決めているからです。

 

Googleが見ているのは「そのコンテンツが検索ユーザーの役に立つのか?」ということ。

つまりどんなテンプレートを使っていようと、Googleはその部分を重要視してはいません。

簡単に言うと、コンテンツがユーザーの役に立つと判断されれば記事は上位表示され、役に立たないと判断されれば検索結果に表示されないというだけの話です。

 

テンプレート(テーマ)はWordPressの着せ替え機能のようなもの。

最初にWordPressをインストールするとデザイン的に味気ないテンプレートが設定されているので、この見た目と使い勝手を良くするためにテンプレートを導入します。

 

なので、テンプレートはあくまでもブログの外観デザインと使いやすさを向上させるもので、SEO対策とはあまり関係がないと考えてOKです。

(内部構造などの細かい話もありますが、最近はほとんどのテンプレートでSEO対策がされているので、差があるとしても微々たるものだと思っています)。

 

[voice icon=”http://pleasure-hunting.biz/wp-content/uploads/2016/10/taka.jpg” name=”たかゆき” type=”l small”]お店の外観がいいだけでミシュランガイドの星が獲得できないのと一緒。重要なのはサービスや味といった中身です。この中身というのがブログでいうところのコンテンツ(記事)です。[/voice]

 

賢威のSEOに関する名声は昔の話

ではなぜ賢威はSEOに強いという評判があるのでしょうか?

それは、賢威を使えばサイトが上位表示しやすい時代があったからです。

 

アフィリエイトから起業してインターネット広告事業を行っている社長さん(業界では超有名な方)がいるのですが、僕はその方がポロッと言っていた言葉が印象に残っています。

「僕らがアフィリエイトを始めた時は20記事ぐらい書いて賢威のテンプレートにしておくだけですぐに上位表示できたんだよ。」

 

そうなんです。

昔はGoogleの検索エンジンの精度が悪かったので、賢威を使うだけで上位表示できる時代があったんです(おそらく10年くらい前の話)。

ただ、今はGoogleの人工知能の性能が格段に上がっているので、テンプレートによって上位表示できるということはありません。

 

実は今のGoogleには、あなたが思っている以上にコンテンツの内容をしっかりと判断する能力があります。

これは賢威の販売者である松尾茂起さんも言っていること。

なので「賢威を使えばすぐにブログが上位表示するんだぜ~!!」なんて話に惑わされないようにしましょう。

 

それでも賢威をすすめる理由

どのテンプレートを使ってもSEO効果に大差がないのであれば、なぜ賢威をすすめるのか?

それは下記の大きなメリットがあるからです。

 

  1. サポートが手厚いので賢威のカスタマイズでつまずかないくことがない
  2. 購入者がもらえるSEO&コンテンツ制作マニュアルが超役に立つ
  3. 新しいバージョンがリリースされても無料で使える
  4. アクセス解析などの初期設定が簡単
  5. ランディングページ(セールスページ)が作れる
  6. 吹き出し機能が便利で使いやすい

 

賢威7はテンプレートとしては高額な部類ですが、それを補って余りがあるくらいにサポートが充実しています。

ここからそのサポートの内容や賢威を使うメリットを詳しく解説していきます。

 

カスタマイズでつまづくことがない(サポートが厚い)

きちんとカスタマイズして、自分好みのデザインにできるか不安・・・。

賢威を購入したもの、ちゃんと扱えるんだろうか・・。

いろいろな機能をきちんと使いこなせるかな・・。

 

あなたはこんな不安を持っているかもしれません。

 

でも大丈夫です。

極端な言い方をすれば、賢威のカスタマイズにつまづいて断念するということはありません

僕がHTMLやCSSが全く分からないド素人の状態で賢威を購入しても大丈夫だったように、カスタマイズについて分からない事があれば、サポートに質問すれば全て解決します。

 

例えば、あなたがヘッダー画像の背景色を変更したいと思ったとします。

初心者だと何をどうしていいか分からないですよね?

 

それが賢威を使っていればサポートフォーラムに質問を投稿するだけで解決します。

 

 

するとこんな返信がもらえます。

 

 

あとは指定された場所に指定されたコードを貼り付けるだけ。

こんな感じで、カスタマイズで分からない部分は丁寧に解説してもらえます。

 

他にも

  • サイドバーの見出しの文字のサイズを変更したい
  • アイキャッチ画像の位置を変えたい
  • アップロードする画像の重さはどれくらいが目安?
  • コメント欄を非表示にしたい
  • ランディングページにSNSボタンを設置したい
  • カスタマイズしていたらレイアウトが崩れてしまったので見てほしい

 

など、サポートフォーラムには質問が沢山。

これがあるおかげで、僕が賢威のカスタマイズでつまづくということはありませんでした。

 

サポートフォーラムの質問の一例

 

もう、この価値は分かりましたよね?

賢威を購入することでプロのプログラマーさんがバックに付いてくれるんです(笑)

 

カスタマイズをしていて表示が崩れてしまった・・・。

こんな時、普通のテンプレートを使っていたら途方に暮れるしかありません。

ただ、賢威を使っていればプロに相談して解決方法をアドバイスしてもらうことができます。

 

このサポートは賢威の利用者であれば誰でも受けられるので、特にサイトデザインにこだわりたい場合は賢威を利用した方が絶対にお得です。

 

賢威7の詳細はコチラ

 

SEO&コンテンツ制作マニュアルが涙モノ

そして賢威を購入することのもう1つのメリットが、SEO・コンテンツ制作マニュアルがもらえること。

このマニュアルがあれば「どうすればGoogleに評価される記事が書けるのか?」ということがハッキリと理解できます。

 

 

たぶん、他のSEO関連の本を買うとよけいに混乱するだけ。

このマニュアルはそれほど分かりやすく作られています。

 

賢威を販売しているウェブライダーは「沈黙のWEBライティング」という本を出版したり、SEOやコンテンツに関するセミナーを開催しています(確か参加費は10万円くらい)。

このマニュアルにはその内容も含まれていて、どんなコンテンツを作ればいいのか?記事の構成はどのようにすればいいのか?ということが詳しく書かれています。

 

最初に今のGoogleはコンテンツを最も重視して検索結果を決めているという話をしましたが、そのいちばん重要な部分はこのマニュルを読むことで全て理解できると思います。

 

マニュアルの内容はこんな感じ。

  • Googleが評価するコンテンツの傾向
  • 検索ユーザーが求める情報の集め方
  • 情報をコンテンツに落とし込む
  • コンテンツを露出させリンクを集める
  • コンテンツを評価して改善する

 

上記を理解すれば無駄に記事を書かくことがなくなるうえに、自分の作りたいブログの構成が鮮明に浮かんでくるハズです。

 

賢威7の詳細はこちら

 

WEBライダーってこんな会社

次のメリットに進む前に、なぜこのマニュアルが凄いのかをもう少し詳しくお伝えしておきます。

それにはまず賢威を販売している会社のことから。

 

賢威を販売しているのはウェブライダーというウェブマーケティング事業を行っている会社。

ウェブを使った集客のコンサルティングやセミナーの開催、自社メデイアを使ったコンテンツマーケティングを行っています。

 

ウェブライダー代表の松尾茂起さん

 

ウェブライダーの何が凄いかというと、自社で運用している「ナースが教える仕事術」というサイトが、開設から約1年で100万PV、2年目には200万PVを達成していることです。

しかも、驚くことに43記事という記事数の少なさでの100万PV達成

それだけでなく、競合の多いジャンルでも単独キーワードで検索結果の1位を獲得しています。

 

もうお分かりだと思いますが、ウェブライダーは検索結果の上位に表示させるコンテンツの作り方を熟知している会社。

そのウェブライダーが作ったマニュアルなので、実際のサイトやデータを公開するなど、普通に売っているノウハウ本とは中身が違います。

 

これまでどんなキーワードで上位表示を獲得しているかは賢威の公式ページでも確認できます。

かなりの種類のビッグワードで上位表示していますが、その中でも競合がメチャクチャ多そうな「人事」というキーワードで1位を取っていることには驚きます。

 

新しいテンプレートも無料で使える

WordPressのテンプレートは服の流行と同じで、新しいものが発売されるといっきに見劣りがするようになります。

あなたは数年前に流行したテンプレートを未だに使っているサイトを見たことはありませんか?

もしあなたに思い当たるフシがあるとすれば、そのサイトを見た時に「何か古そうな情報だな~」という印象を持ったのではないかと思います。

 

例えば機能面でいうと、数年前まではレスポンシブ機能というスマホ対応ではないテンプレートが多かったのですが、今ではレスポンシブ機能がついているのは当たり前のことです。

これはスマホ表示に対応しているかどうかが検索順位に影響するようになったため。

WordPressのテンプレートは新機能が搭載されたものがどんどん登場するので、1つのテンプレートを使い続けるというのは良い方法ではありません。

 

ただ、賢威は1度購入すると新しいバージョンがリリースされても無料で使用することができます。

実際に僕は「賢威6.1」という時代に購入したのですが、今は追加料金を一切支払うことなく「賢威7」を使っています

 

正直、最初はテンプレートに24800円を払うというのには抵抗がありました。

ただ、この先新しいテンプレートを購入する必要がないことを考えると、サポートと合わせて24800円では安すぎるくらいです。

 

アクセス解析の設定が簡単で使いやすい

ここまでは賢威を購入することで得られる外部メリットでしたが、ここからはテンプレート自体のメリットをお伝えします。

 

僕が賢威7を使って思ったのが、アクセス解析の設置がとても楽だということ。

具体的に言えば、Googleアナリティクスやサーチコンソールが簡単に設置できます。

 

 

アクセス解析の設置は初心者が最もつまづきやすい部分ですが、賢威7を使えば問題なくクリアできます。

 

ランディングページが作成できる

ランディングページとは、「商品やサービスを売るために気合を入れて書く記事」のこと。

セールスページやキラーページと呼ばれたりもします。

 

今までの賢威では、メビウスやカラフルといったランディングページ作成ソフトを購入する必要がありましたが、賢威7であればそのままランディングページの制作が可能です。

 

吹き出しを使って読みやすい文章が作れる

そして僕が一番利用している機能が吹き出し機能。

最近ではAffingerなどのテンプレートにも搭載されるようになりましたが、個人的には賢威の吹き出しが使いやすくて気に入っています。

 

前もってキャラクターを登録しておけばすぐに呼び出して使えるので、記事を書く流れが止まりません。

しかも僕の場合は吹き出しを使った対話形式の記事は商品の成約率が高いので、絶対に外すことができない機能です。

 

 

賢威のデザイン

ここまでで賢威を使うメリットを一通り解説したので、今度はデザイン面を見ていきましょう。

賢威のテンプレートは全部で6種類のデザイン(現在は5種類がリリース済み)で、さらにそれぞれに6つのカラーパターンがあります。

 

つまり「6デザイン×6カラー=36パターン」が利用可能ということ。

例えば男性の悩み系のサイトを作る場合と、恋愛ネタのブログを作る場合でデザインの使い分けができるので、複数のサイトを運営する場合は本当に便利です。

 

クール版

これがクール版のデザイン。

ブログやアフィリエイトサイトだけでなく企業サイトにも使えるシンプルなデザインです。

 

 

ビューティー版

エステやサロン、美容室のホームページにも使えるデザイン。

高級な雰囲気なので高額商品をアフィリエイトする場合にもいいかもしれません。

 

 

僕はこのテンプレートをガジェット系のブログに使っています。

 

プリティ版

名前の通り、ポップでガーリーなデザインのテンプレート。

トレンドブログや特化型ブログなど、元気で明るい印象を与えたいサイトでよく使われています。

 

 

上下のカラフルな線はあまりにも賢威のイメージが強すぎるので消して使った方がいいかもしれませんね。

 

コーポレート板

一見すると会社のホームページ用に見えますが、シンプルなアフィリエイトサイトを作りたい人にはコーポレート版がおすすめ。

シンプルなぶん、画像を変えるだけでイメージがいっきに変わるので、かっこいいサイトが作れます。

 

 

スタンダード版

コーポレート版と同じくシンプルなデザイン。

どちらかというとカスタムベースのテンプレートですね。

 

 

各テンプレートの色違いバージョンはこちらで確認してください。

 

装飾タグが超便利

賢威7には装飾タグという機能があります。

装飾タグとは特定のコードを入力すると、ボタンや矢印が表示できるようになるもの。

 

例えば下記のように文字を決められたコードで囲むだけで

<p><a href=”#” class=”btn btn-green”><span>お問い合わせ</span></a></p>
<p><a href=”#” class=”btn btn-blue”><span>お問い合わせ</span></a></p>
<p><a href=”#” class=”btn btn-orange”><span>お問い合わせ</span></a></p>
<p><a href=”#” class=”btn btn-red”><span>お問い合わせ</span></a></p>

 

賢威7ではこのようにボタンを表示することがきます。

 

 

その他にも同じ要領で様々な効果を加えることができるので、見やすいサイトが作れるようになります。

 

アイコンの表示

 

Q&Aの作成

 

登場人物の紹介

 

吹き出し

 

お客様の声

 

フロー図の作成

 

賢威7で使える装飾コードは下記の記事にまとめたので参考にしてみてください。

 

>賢威7の装飾コード一覧!ブログを彩る23の厳選コード!

 

カスタマイズ

賢威7はアクセス解析を設置したりヘッダー画像を設置したりすることが簡単にできます。

その他にもサイドバーの色を変更してアドセンス広告を貼り付けることも可能。

 

このあたりのカスタマイズ方法については下記の記事にまとめたので、賢威7ではどんな初期設定とカスタマイズが必要になるのか確認してみてください。

 

僕が実際に行った賢威7の初期設定とカスタマイズまとめ!

 

初心者でも使いこなせる?

ここまで賢威の特徴を見てきて「多機能なのは分かったけど、自分に使いこなせるかな~」と不安になっているかもしれませんね?

 

でも大丈夫です。

最初にお伝えしたように賢威にはサポートフォーラムという強力なバックアップがあるので、やる気さえあればすぐに使えるようになります。

僕も全くド素人の状態で賢威を購入しましたが、今では問題なく使えるようになっているのでその点は問題ありません。

 

最初から難しいことをやろうと思わずに徐々に慣れていけば、すぐに自分の理想とするサイトデザインが出来上がるはずです。

 

賢威のデメリット

最後に賢威のデメリットもお伝えしておきます。

賢威のデメリットは何といっても24800円という金額です。

ただ、ここまで解説してきたように、賢威には間違いなく金額以上の価値があります。

 

簡単に振り返ってみるとこんな感じですね。

  • 分からない部分や困った時には購入者専用のサポートフォーラムで解決できる
  • 43記事で100万PVを達成したウェブライダーのコンテンツマニュアルが手に入る
  • 新しいバージョンが公開された場合は無料で使える

 

この、新しいバージョンも同額料金で使えるということには、「安すぎる!!」とウェブライダーの中でもいざこざがあったそうです。

ではなぜこの料金設定なのか?

 

そのあたりは公式ページの最後の部分に代表者の松尾茂起さんの熱いメッセージとして書かれているので、そちらも参考にして購入を検討してみてください。

 

きっとこの金額設定にも納得がいくと思いますよ。

 

賢威の公式ページはこちら

 

今回の記事が賢威の購入を迷っているあなたの参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク