Jetpacの効果的な設定方法とアクセス解析の見かた!!

jetpack

今回はWordpressを使ってブログを作ったら必ずインストールしておきたいプラグインの紹介です。

 

そのプラグインの名前は『Jetpack by WordPress.com』。

 

これ1つインストールすれば34個の機能が使用できるという優れもののプラグインです。

 

jetpack

 

アクセス解析とSNS連動

ただ、34個の機能が利用できると言っても全てが必要なわけではなく、主に使う機能はアクセス解析(サイト統計情報)とSNSなどとの連動機能。

 

私はこの2つの機能をメインで利用しています。

 

正直、機能が多すぎて逆に使いづらい部分もあるので、アクセス解析とSNS連動以外の機能は停止して、機能の断捨離を行なっておきましょう。

 

実際に余計な機能をそのままにしてブログ表示が崩れたり、意味のない項目が追加されているブログというのを良く見かけます。

 

そうならないためにも、Jetpackを効果的に使うという意味では使う機能を最低限に絞るということが必要です。

 

基本的にはアクセス解析(サイト統計情報)とSNS連動の2つの機能を利用し、必要な機能があれば追加して使うのがおすすめです。

 

また、アクセス解析と言えば『Google analytics』が有名ですが、専門用語が多くて何かと分かりづらいですよね?

 

その点、Jetpackのアクセス解析は余計な表示や専門用語が少ないので、かなり使いやすいアクセス解析と言えます。

 

それでは早速、Jetpackのインストールと設定に移っていきましょう。

 

インストールと設定

まず【プラグイン】⇒【新規追加】に進み、検索ボックスに『Jetpack by WordPress.com』と打ち込みます。

 

下記のような表示が出てくるので【今すぐインストール】をクリックします。

 

jet

 

インストールを実行して有効化すると、プラグインの画面に下記のような表示が出てきます。

 

【WordPress.comと連携】という部分をクリックしましょう。

 

jet1

 

すると、WordPress.comにログインするように求められます。

 

多くの人がAkismet(アキスメット)というプラグインを使用する際にWordPress.comに登録しているはずなので、ユーザー名とパスワードを入力して進みます。

 

もし、WordPress.comに登録していない場合は新規にアカウントを作成してください。

 

jet2

 

承認が完了すると『サイトをジャンプスタート』という表示が出ますが、今回は下にある『スキップ』をクリックします。

 

jet3

 

これでJetpackのインストールが完了です。

 

ただ、最初にお伝えしたようにJetpack で利用する機能はアクセス解析とSNS連動のみにして、その他の機能は無効にしておくのがベスト。

 

そこで、使用する機能を選択するために、ダッシュボードに新しく追加された【Jetpack】という項目から【設定】を選択します。

 

jet4

 

すると、機能が一覧で表示されるので、その中から、

 

  • Publicize(SNS連携)
  • Site Stats(サイト統計情報)

 

を選択し、それ以外の機能は全て無効にしましょう。

 

jet5

 

これで設定を保存すればJetpackの設定が完了です。

 

アクセス解析(サイト統計)

Jetpackのアクセス解析を見るには、ダッシュボードの【サイト統計情報】を開きます。

 

jet01

 

すると、週間や月間、1日のサイトへのアクセス数を確認することができます。

 

jet02

 

その他にもどういったキーワードでアクセスがあり、どのページが閲覧されているかということも確認することができます。

 

jet03

 

WordPressで記事更新などする前に、ダッシュボードからそのままアクセス数を確認できるので便利ですね。

 

FacebookなどのSNSとの連結方法に関しては下記の記事で解説しているので参考にしてみてください。

 

関連記事⇒WordPressとFacebookページを連動させる方法!!