サイトのページスピードの改善は必要!?遅い原因の1つがコレ!!

speed

WordPressで作ったブログに限らず、サイトの表示スピード(ページスピード)は検索順位を決める要因の1つになっていると言われています。

 

では、どれくらいページスピードは重要なのでしょうか?

 

今まではあまり気にしたことがなかったのですが、少し気になったので調べてみました。

 

speed

 

PageSpeed Insightsで調べる

サイトのページスピードを調べるのに利用されるのがPageSpeed Insightsという機能。

 

Googleサーチコンソールから利用することができます。

 

PageSpeed Insights

 

スピードをチェックしたいブログのURLを入力して分析をクリックするだけで、ページの読み込み時間の評価をしてくれます。

 

PageSpeed Insights

 

このサイトのページスピードはコレ。

 

PageSpeed

 

モバイル、パソコン共に真っ赤で、サイトの状況的にはかなりまずいことが分かります。

 

そして改善すべき点を色々と表示してくれるのですが、CSSの縮小やJavaScriptの縮小など、プログラマーさんじゃないと分からないような内容ばかり。

 

正直、この辺りをいじるには少し勇気がいります。

 

ページスピードが100点中30点台というとかなり悪いような気がしますが、実は私の場合はある外部サイトを表示していることが大きく影響しています。

 

コレは知らずにやっている方も多いのですが、このサイトの表示をやめるだけでページスピードは大きく改善されます。

 

その原因となるのがFacebookページのプラグイン(Page Plugin)。

 

かつてLikeboxと呼ばれていたコレですね。

 

fbp7

 

今でもかなりの人がブログに表示していますが、ページスピードの事だけ考えると、このプラグインを外してしまえばページスピードはすぐに改善されます。

 

その結果が下記の数値。

 

pagespeed1

 

まだまだ良い点数とは言えませんが、Facebookページの表示を外しただけでいっきに10点以上ポイントが上昇しました。

 

やはりFacebookから情報を読み込んで表示しているということで、かなりの時間を取ってしまうようです。

 

このFacebookページのプラグイン(Page Plugin)は多くの人が利用していると思うので、もしサイトのページスピードが気になるようだったら、FacebookのPage pluginを外してみることをおすすめします。

 

ページスピードは重要?

ただ、個人的にはサイトのページスピードはあまり重要視する問題ではないと思っています。

 

ためしに多くのキーワードで上位表示しているブロがーさんのブログのページスピードを調べてみたのですが、ほとんどのブログが50点未満。

 

中には上位表示していながら10点台や1桁というブログもありました。

 

なので現時点ではページスピードが遅くても上位表示(SEO)に関して大きな影響はないのではないかと思います。

 

予想するに、同じような質のコンテンツが並び、甲乙が付けがたい時に影響する程度。

 

ということは、ページスピードを気にするくらいなら良いコンテンツを書くことに力を注いだほうが賢いと言う事になりますよね?

 

スマホでサイトを利用する人が増えている以上、表示が遅いサイトは今後順位が下がってくる可能性は十分にあると思います。

 

ただ、現時点ではあまり気にする必要はないんじゃないかな?というのが個人的な感想です。

 

なので、FacebookのPage Pluginを外して表示速度を上げるより、速度は遅くてもいいねやシェアをしてもらった方が効果があると考えればそのままでも全然問題ないと思います。

 

試しに有名ブロガーさんのブログの表示速度を調べてみたら、意外とびっくりするような数値のものがあると思いますよ(笑)。