30代で読んだ300冊の本の中のおすすめ自己啓発書5選!!

books

10代、20代の頃は全くと言っていいほど本を読まなかったのですが、30歳を過ぎてから何故か急激に本を読むようになりました。

 

それはたぶん、自分の将来を本気で考え始め、このままではヤバイと思ったからです。

 

『30歳になってから!?』と驚かれるかもしれませんが、ほんとに20代の僕の頭の中はお花畑状態でした(笑)

 

books

 

とは言っても、そんなヤバ過ぎる状態を自覚できたからこそ、その反動で勉強しなきゃいけないという気持ちになったので今は良しとしています。

 

今回は、そんなビジネス書や自己啓発本を読み漁る生活(300冊を越える)の中で、僕に大きな気づきを与えてくれた本を5冊紹介したいと思います。

 

ご紹介する5冊は具体的なテクニックや実践方法が書いてあるものではなく、考え方や価値観に関する内容の自己啓発書と呼ばれるものです。

 

ビジネス書のジャンルや定義は良く分かりませんが、

 

  • 脳科学
  • 心理学
  • テクニック
  • ノウハウ
  • 成功哲学
  • 潜在意識
  • 自己啓発

 

といった項目があるとすれば、潜在意識や自己啓発に関連する本。

 

  • 本質的な原則
  • 本質と実践の中間
  • 実践的なノウハウ

 

に分ければ間違いなく本質的な原則が書いてある本になります。

 

なので内容も抽象的な部分が多いです。

 

ただ、自己啓発書を読み始めた当初は即効性のあるノウハウやテクニックばかりに目が向きがちですが、こういった本質的な本を読むことが大切なんだな~と最近は感じます。

 

1度読んだだけでは、『ふ~ん、いいこと書いてあるね。』くらいにしか思わないかもしれません。

 

ただ、その意味は後々になって実感できてくると思います。

 

1位 原因と結果の法則

『人は自分が思い描いたとおりの人間になる』。

 

ジェームス・アレンの『原因と結果の法則』はこのことをシンプルに解説してあります。

 

ページ数も非常に少なく、内容もまとまっているのでとても読みやすいです。

 

シンプルな分、具体的な事例はありませんが、いつも手元に置いておいてふとした時に読み直したくなる本です。

 

翻訳も読みやすく、自分の思考がいかに大切かということがよく分かる名著です。

 

 

2位 引き寄せの法則

どんなに勇気を振り絞って行動を起こしても、どんなに頑張って作業量をこなしても潜在意識で成功する事を望んでいなければ結果が出ることはない。

 

そう教えてくれるのが『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』です。

 

なぜ頑張っても結果が出ないのか?

 

それは心の奥底では成功する事に焦点が合っていないから。

 

成功するために努力や行動はしているけどなかなか実現しない。

 

そんな思いが頭をよぎる時に是非読んでほしい1冊です。

 

関連記事⇒引き寄せの法則が分かるおすすめの本7冊をランキングで紹介!!

 

 

3位 7つの習慣

大型書店の自己啓発書ランキングでも上位に位置している王道中の王道。

 

自分の影響力の及ばない事には意識を向けないという影響の輪や、目的をきちんと定めなければいくら頑張っても間違った場所に2倍の速さで辿り着くだけ。

 

という考え方には大きな気づきをもらいました。

 

そしてそれ以上に大きな影響を受けたのが時間管理(タイムマネジメント)の重要性。

 

人生において重要なことと重要ではないことをハッキリと分けて、重要なことに時間を使っていくという考えは大きな変化をもたらしてくれました。

 

正直、ページ数が多く翻訳本なので読むが少し大変に思うかもしれません。

 

それでも読んでみる価値は十分にあります。

 

 

4位 ミリオネアマインド 大金持ちになれる人

ミリオネアマインドはハーブ・エッカーの著書を本田健さんが翻訳して解説した本。

 

ある出来事が起きた時にお金持ちはどう考え、反対に貧乏な人はどう考えるかという違いを書いています。

 

私はお金を稼ぐことに罪悪感があったのですが、この本を読んだ事でお金に対する価値観が大きく変り、お金を稼ぐことは悪い事ではないと思えるようになりました。

 

自分の中のお金のセルフイメージを変えたい人におすすめの一冊です。

 

 

5位 ザ・ミッション

『ザ・シークレット』に登場するジョン・Fディマティーニの著書。

 

お金や家族、ビジネスや知性といった項目の中で、自分が何を最も重要視しているかをワーク形式でハッキリとさせていく内容です。

 

どんな事に恐れを抱いて、どんな事を実現したいと思っているのか?

 

質問に答えていく中でそれが明確になっていきます。

 

ワークもあってかなり時間がかかるので、休みの日などにしっかりと時間を取って読むのがおすすめの1冊です。