アフィリエイト記事やブログ記事が書けない時の解決法!!

writing

特化型ブログやトレンドブログを運営していると突然記事が書けなくなるという時期を経験する事があります。

 

ネタがなくなったり、モチベーションが下がったりするのが大きな原因ですが、そんな時は無理に記事を書こうとしてもいい記事はかけません。

 

では、そんな時はどうすればいいのか?

 

私が思うに、ブログ記事が書けなくなった時には、ある事を意識しながらパソコンから離れて気分転換をするのが一番です。

 

writing

 

記事の種類

そもそも、ブログを書くというのは大きく分けて下記の2つのパターンがあります。

 

  • 自分が思ったことや頭の中にある知識や経験を記事にする。
  • 本などで情報を調べながら記事を書いていく。

 

このどちらが簡単かといえば、自分の頭の中にある知識や経験を記事にするほうが圧倒的に簡単です。

 

後者であれば『調べる+理解する+記事にする』という3つの工程を同時進行しているので、記事を書き上げるまでに多くの労力を使ってしまいます。

 

なので、記事の更新が止まってしまった時には自分の知識や経験を記事にする方がハードルが低いと言えます。

 

簡単に言うと、ちょっと力を抜いた日記風の記事を書くようにするという事です。

 

しかし、それでも記事が書けないという場合には、ある事を意識した気分転換をするのが効果的です。

 

原因と解決方法

気分転換の時に何を意識しておかなければいけないかと言うと、それは『インプット』という概念。

 

ブログ記事が書けなくなる原因は、頭の中に記事にする情報がなくなってしまう事です。

 

そんな時に何とか記事を書こうと思っても、頭の中に情報がないので良い記事が書ける訳はありません。

 

ブログ更新を頑張ってずっとパソコンと向かい合いっぱなし・・・。

 

当たり前ですがこんな状況が続いていては、記事にできるような新しい経験や知識、情報は入ってきませんよね?

 

ブログ記事が書けなくなった時は、パソコンに向かうことをやめて知識や経験をインプットするための気分転換をするのがベストです。

 

ただ、だからと言って単に気分転換と称して外に遊びに行くだけではダメです。

 

何も考えずに休憩感覚で街を歩くのと、知識や経験をインプットするという感覚で街を歩くのでは頭に入ってくる情報が違ってきます。

 

ブログ更新に一生懸命な人はパソコンの前から離れるのに勇気がいるかもしれませんが、半日もインプット休憩を取れば新しいネタがどんどん湧いてくる筈です。

 

ブログ記事が書けなくなった時には、情報を仕入れに行くという意識を持ちましょう。

 

情報の仕入先

ではどんな所へ行けばいいのか?

 

特化型ブログを作っている場合はブログのジャンルと関係ある情報が集まる場所へ行くのがベストです。

 

また、トレンドブログを運営している場合はカフェや家電量販店に顔を出してみるだけでも意外なネタを発見することが出来ます。

 

  • 新商品や新店舗
  • 疑問に思ったこと
  • 聞こえてきた会話の内容
  • 人気のあるお店
  • 店員さんとの会話

 

こういった事を記事にするだけでも意外とアクセスが集る記事が書けたりもします。

 

繰り返しになりますが、記事か書けないというのは頭の中のネタや知識、経験が枯渇している状態です。

 

こんな時は作業の手を止めて街に繰り出したり友達と話をしたりして、知識や経験をインプットする時間を持つようにしましょう。

 

そうすれば、知識や経験が増えて記事にするネタも出来てきますし、新たに深堀りしていくジャンルが発見できます。

 

そしてその際は、できれば人気があって人が沢山集っている場所に行くようにしましょう。

 

人が多いということは、その対象となる事柄に対する検索需要も見込めるということ。

 

そういったことに気づけるようになればライバルのいないジャンルで収益を伸ばすことが可能です。

 

個人的には、本屋、イベント会場、新規オープンのお店、スポーツ観戦等がおすすめです。