アドセンス審査に必須のプライバシーポリシーのひな形と例文!!

pp1

ブログを作ったら必ず作成しておきたいページが『プライバシーポリシー』。

 

プライバシーポリシーとは簡単に言うと、自分のブログにおいての個人情報の取り扱いを記載しておくものです。

 

pp1

 

このプライバシーポリシーは、GoogleアドセンスやGoogleアナリティクスを利用する際にも明記するように規約で定めれられています。

 

なので、個人のブログと言えど、プライバシーポリシーはしっかりと明記しておく必要があり、アドセンスの審査時にも必須となります。

 

とは言っても、個人のアドセンスアフィリエイトブログに関しては、コーポレートサイトのような難しい表記は必要ないというのが私の考えで、

 

  • 個人情報の取り扱いについて
  • クッキー(cookie)の利用
  • 利用しているアクセス解析
  • 利用している広告配信サービスやアフィリエイトプログラム
  • 免責事項

 

こういった最低限の事柄について記載があれば十分だと思います。

 

これらを0から作るとなるととても大変なので、ネット上に公開されている雛形や例文を使わせてもらって、自分のブログに必要な形に修正していきましょう。

 

今回は個人がアドセンスブログを持つ場合を想定して、最低限のシンプルなプライバシーポリシーの雛形を作ってみました。

 

良かったら参考にしてみてください。

 

雛形(テンプレート)を使う

【プライバシーポリシー 例文or雛形】で検索してみると、色々な人が雛形や例文を掲載してくれています。

 

今回、プライバシーポリシーを作るにあたって参考にさせてもらったのが下記のサイト。

Simple Living

 

雛形(例文)を使わせてもらったのが下記のサイトです。

文例書式テンプレート集

 

こういった情報は本当に助かります。ありがとうございます。

 

今回作った雛形は、基本的にブログをアドセンスの審査に出す時を想定して作ったので、内容は極めてシンプルになっています。

 

(Googleアドセンスの広告に関するプライバシーポリシーも記載してありますが、アドセンスの審査に出す際に問題があれば削除しておいてください。)

 

これに他の必要事項を付け足したり、各種ASPアフィリエイトリンクを設置したい場合は、それぞれのポリシーを追加してください。

 

個人的には、プライバシーポリシーの冒頭に名前(ハンドルネーム)とメールアドレスを載せて、簡単な自己紹介を付け加えておけば印象も良くなるのではないかと思います。

 

プライバシーポリシーの設置

プライバシーポリシーページはWordPressの場合、固定ページに作って、ウィジェットでサイドバーに表記したり、フッターメニューに設置しておきましょう。

 

そこまで頻繁に見られるページではないので、トップページのメニューに表示する必要はないと思います。

 

また、プライバシーポリシーの最後には免責事項を記載しておくことを忘れないようにしましょう。

 

今回作った雛形(テンプレート)は下記になるので、参考にしてみてください。

 

プライバシーポリシーの雛形