アドセンス広告はアンカー広告よりモバイル全画面広告が効果あり!!

anchor

Googleアドセンスでスマホ(モバイル)表示の場合のみ掲載される広告のサービスが始まりました。

 

これはアンカー広告とモバイル全画面広告(VIGNETTES)という2種類の広告で、今までのアドセンス広告とは少し異なります。

 

始まったばかりのサービスなのでどれくらいアドセンス収益が上がるのかは分かりませんが、通常の3つのに加えてさらに広告が追加できるので効果は期待できそうな感じです(※効果を追記しました)。

 

そんな訳で今回は、アンカー広告とモバイル全画面広告がどういったものなのかと、その設置方法について解説していきます。

 

anchor

 

ページ単位の広告とは?

Googleアドセンスの管理画面を開いたら表示されていた『ページ単位広告の紹介』の項目。

 

ページ単位の広告

 

『Googleが新しい広告の施策を始めたので、これを使ってアドセンスの収益を上げて下さいね』という事のようです。

 

そうとなれば早速試してみるしかないという事で、【テストを実施】という項目をクリック。

 

『ページ単位の広告』という画面に移動すると、2つの広告の説明がされています。

 

説明を読んでみると、新たに『ページ単位の広告のコード』を取得してサイトに設置し、ステータスを【ON】にすれば、通常の3つのアドセンス広告とは別に新たな広告が設置できるという事ですね。

 

では、どんな広告が表示されるのか?

 

気になる2つの広告の形態がコレです。

 

アンカー広告

1つめはアンカー広告というタイプの広告。

 

スマホでサイトを表示した時に一番下の部分に表示されます。

 

Screenshot_2016-04-28-00-01-12

 

無料ツールを利用した時に表示される広告と同じで、これならサイトの訪問者もあまりストレスにならないかなという感じです。

 

ただ、広告がそこまで大きい訳ではないので、クリック率が上がるのかどうかはちょっと微妙なところです。

 

モバイル全画面広告

2つ目はスマホ全画面広告。

 

アンカー広告がスマホ画面の一番下に表示されるのに対して、モバイル全画面広告はその名前の通り、スマホの全画面に表示されます。

 

もう少し詳しく言うと、サイト(ブログ)内のリンクをクリックしてページが移動する際に画面いっぱいの広告が表示されます。

 

Screenshot_2016-04-29-13-18-30

 

つまり、ページが移動する間に広告ページがワンクッション置かれる形になり、目当てのページに移動するためには【広告を閉じる】という部分をクリックしなければいけません。

 

画面全体に広告が表示されるので視認性が高く、クリック率アップの効果は見込めそうですが、サイト訪問者からすると、かなりストレスになるので個人的には利用しない方向で考えています。

 

この2つの広告を簡単に言い表すと、ユーザビリティも考慮して控えめに広告を増やすか、ユーザーが多少不便さを感じても視認性の高い広告を表示するかといった感じです。

 

ページ単位広告の設置方法

ページ単位広告を設置するには広告コードを所得して<head>の中に貼り付ける必要があります。

 

<head>の部分は使用しているWordpressテーマによって該当箇所が異なるのですが、今回は賢威6.2での設定方法を解説します。

 

関連記事⇒WordPressテーマ賢威6.2(7.0)の購入者特典!!

 

まず、下記の画像の部分をクリックして、表示された広告コードをコピーしておきましょう。

 

page

 

そしてワードプレスのダッシュボードから【外観】⇒【テーマ編集】へと進みます。

 

そして【ヘッダー(header.php)】をクリック。

 

表示されたコードの中から</head>という部分を探して、そのすぐ上の部分に『ページ単位広告』のコードを貼り付けます。

 

code

 

これで、広告コードの設定は終了。

 

後はきちんとスマホサイトで広告が表示されるかをチェックします。

 

広告のチェック方法

スマホで広告を設置したサイトを開き、URLのすぐ後ろに【#googleads】という文字を追加します。

 

すると、下記の画像のような画面が表示されます。

 

Screenshot_2016-04-28-00-00-52

 

この画面で【ANCHORS】を選択すれば画面の下にアンカー広告が、【VIGNETTES】を選択してリンクをクリックするとモバイル全画面広告が表示されるようになります。

 

きちんと広告が表示されている事が確認できれば、あとはアドセンスの管理画面でそれぞれの広告のステータスを【ON】にすれば広告が表示されるようになります。

 

関連記事⇒Simplicityでのアドセンス広告設定方法とクリック率の上がる配置!!

 

効果を測定してみた結果

ページ単位の広告が始まってしばらくたったので、アンカー広告とモバイル全画面広告の効果を測定してみました。

 

正直、どちらの広告もブログを訪れた人からするとストレスになるような気もしますが、Googleが推奨している広告なので収益が上がるのであれば使わない手はありません。

 

では、実際に設置してみた結果どうなったのか?

 

結果はモバイル全画面広告の圧勝です。

 

ある1ヶ月のデータを調べてみると、モバイル全画面広告が約12000円、アンカー広告が約6000円の収益となっていました。

 

収益だけ見ると2倍の差ですが、クリック率とCPC(1クリック当たりの単価)が圧倒的にモバイル全画面広告の方が大きいです。

 

アンカー広告のクリック率は余裕で1%もない・・。

 

それでも約6000円の報酬は発生していますが、表示される回数の割には全くクリックはされないようなので、ユーザーのイメージを上げるためにも思い切って外してしまう方がいいのかな?という感じですね。

 

という訳で、しばらくは全画面広告だけに絞ってやっていこうと思います。

 

また、動きが合ったら更新していきます。

 

関連記事⇒月収10万円を稼ぐ特化型ブログの作り方と実践方法!!