サーチコンソールの使い方とサイトマップを送信する方法!!

search

Googleサーチコンソールの登録が終わったら、サイトマップを送信しましょう。

 

サイトマップの送信を行うことで検索ロボットにサイトの状況を伝え、インデックスを促進できるようになります。

 

サイトマップの作成には『Google XML Sitemaps』というプラグインを使います。

 

search

 

Google XML Sitemapsのインストール

ワードプレスにログインしてプラグインの新規追加を選びます。

 

Google XML Sitemaps1

 

検索ボックスの中に『Google XML Sitemaps』と入力します。

 

Google XML Sitemaps2

 

プラグイン名を確認して今すぐインストールをクリックして有効化させましょう。

 

Google XML Sitemaps3

 

有効化が完了したらワードプレスの設定画面からGoogle 『XML-Sitemaps』を選択します。

 

Google XML Sitemaps5

 

下記のように表示されていればOKです。

 

(サイトマップがまだ構築されていませんと表示されたらサイトマップの構築を行ってください。)

 

Google XML Sitemaps4

 

これでサイトマップの構築が終わりました。

 

次はGoogleサーチコンソールにサイトマップの送信を行いましょう。

 

サイトマップ送信方法

Googleサーチコンソールにログインしてサイトを選択してください。

 

右側にあるサイトマップというところをクリックします。

 

(一番最初は「サイトマップがありません」と表示されていると思います。)

 

サイトマップ送信

 

『サイトマップの追加/テスト』をクリックして赤枠の中に『sitemap.xml』と入力してサイトマップを送信します。

 

サイトマップ送信2

 

サイトマップの送信が終わると保留中となります。

 

処理が終わるまでには時間がかかるので、しばらくしてからサイトマップが反映されているか確認してください。

 

Googleサーチコンソールの使い方

サーチコンソールの機能の中で代表的なものをご紹介します。

 

ウェブマスター

 

  • 【検索のクエリ】⇒どんなキーワードが何回表示されて、何回クリックされたかが分かります。
  • 【サイトへのリンク】⇒どんなサイトからリンクされているか、どの記事がリンクを受けているか分かります。
  • 【Fetch as google】⇒記事のインデックスをgoogleに依頼する時に使います。

 

その他にも【検索のデザイン】⇒【HTMLの改善】から、メタデータ(descriptions)の重複やタイトルに関する問題も確認する事ができます。

 

ただ、最初から意味を理解するのが難しいものが沢山ありますので、最初はこのくらい覚えておけば充分です。

 

徐々に慣れていくようにしましょう。