大学生の必需品であるパソコン。

パソコンは大きく分けて2つのOS(パソコンの脳みそ)を搭載した商品に分かれます。

そうです、ご存知の通りWindowsとMacです。

 

WindowsとMacは同じパソコンでも使用用途によって大きく使い易さが変わってきます。

そこで今回は、Mac、Windowsそれぞれのメリットデメリット、そしてどういった人向けなのかを詳しくご紹介します。

 

スポンサードリンク

Windowsのメリット

何と言っても価格の安さが魅力

WindowsとMacを価格で比べるとやはりMacの方が高価です。

なぜ、Windowsは安いのかというと、WindowsはOS(パソコンの脳みそ)を多くのメーカーに公開しています。

 

 

したがって、いろんなメーカーがPCを作成でき生産数が多いです。

SONYのパソコンだったり、NECのパソコンだったり・・・。

色々なメーカーがWindowsを搭載したパソコンを使っています。

 

一方のMacはOSとハード(PC)をセットにしているため、Apple社しか作ることができません。

そのため生産数が少なく、価格が高い訳です。

 

単純な数の理論で、価格が安いからといってWindowsがMacよりも性能が劣るということはありませんのでご安心を。

 

オフィスソフトが標準搭載されているものが多い

レポートやプレゼン資料作成などで最も使い慣れているWord、Excel、パワーポイント。

Windowsのパソコンはこれらのマイクロソフトオフィスが標準搭載されているものが多いので、PCを買ったその日からレポート作成や表計算ができます。

 

当たり前のことを書いているようですが、MacはApple社の製品なので、マイクロソフトオフィスを別途購入しなければなりません。

 

ただ、Windowsパソコンでも安い価格帯のものはオプションでオフィスソフトを購入しなければいけないものがあるので注意してください。

 

Windowsのデメリット

不要なアプリケーションが多い

前述した通り、WindowsはいろんなメーカーがPCを発表します。

メーカーはPC本体のデザインだけでなく、中身にウィルス対策ソフトやヘルプソフトを組み込み差別化しています。

 

ただ、ハッキリ言ってこの差別化のために入れられたソフトが邪魔。

アンインストール(削除)すればいいのですが、その作業がかえって手間になりす。

 

Macに比べてコンピュータウィルスに感染しやすい

Windowsに各メーカーがウィルス対策ソフトを導入するのは、Macと比べてコンピュータウィルスに感染しやすいからです。

 

WindowsはMacに比べてOSがオープンですし、利用者も多いです。

日本の企業はほとんどWindowsを利用しているのでそれを狙った悪質なウィルスが多く生成されています。

 

ファンの音がうるさい

パソコンは一度に多くの物事を処理するため熱を持ちます。

それを冷やすためにファンというものがついています。

 

ファンは熱を逃がすためのものですが、その音がMacと比べてうるさいパソコンが多いです。

そんなこと気にならないとお思うかもしれませんが、これが意外と気になる人が多いようです。

 

Windowsどはういう人向けなのか?

ズバリ、Windowsパソコンはレポート作成、表計算のためにパソコンを購入するという方におすすめです。

単に講義の資料作成や論文作成程度であれば必要最低限のソフトは入っているので、Windowsを購入すれば十分です。

 

ただし、趣味で絵を書いたり音楽を作ったり、ロゴを作成したい方にはあまり向きません。

Windowsでもペイントツールやミュージックソフト(DAW)は販売されていますが基本的にディスクを購入しなければなりません。

 

またインストールする際の容量やWindows10ではあまりうまく作動しないなど、セッションの問題もありますので、クリエイター志望の方、Windowsの購入はちょっと待ちましょう。

 

Macのメリット

ストレスがほとんどない。

iPhoneを使い慣れている方ならばMacのパソコンはとても使いやすく感じると思います。

 

必要なソフトはApp Storeで探してダウンロードするだけという手軽さ。

音楽作成ソフトやムービー編集ソフト、ゲームやLINEも全てダウンロードできます。

 

 

何か新しいソフトを入れる時に、ディスクを買ってインストールということがほとんどありません。

それに、Windowsと比べて初期設定で入っている不要なソフトが少ないですし、ストレージも一目でどの項目が容量を食っているのか分かります。

 

そして、直感的な操作が可能なのもMacの魅力の1つ

Windowsで主流になってきた画面のタッチパネルよりもMacのトラックパッドの方が私は使いやすいです。

 

持ち運びが便利

Macは軽くて薄くて電源コードもシンプルにまとまっているので持ち運びがとても便利です。

ファンの音も静かですのでカフェなんかでも使えますし、大学の講義で使っていても静かですから周りに迷惑をかけません。

 

最近よく、MacBook Airはスターバックスでドヤ顔するためのものだという記事を目にしますが、それはごもっともです(笑)

なぜならばMacは持ち運ぶためのものだからです。

 

場所を選ばず創作、レポート作成、アイディアの整理などを行うことができます。パソコン冥利に尽きるといったところでしょうか。

 

Macのデメリット

価格が高い

MacはApple社しか作っていませんので完全な売り手市場。

そのため、Appleが言った値段でしか買うことができず、同じ値段なのにWindowsの方がメモリが倍も容量もあることなんてザラです。

 

また前述した通り、表計算やワードが使いたい場合はMicrosoftオフィスを買わなければなりません。

そのお値段、約16,000円。

 

高いお金出してPCを購入したのはいいけれど、レポートの提出ファイル形式がWordならばさらに16,000円出して購入しなければないというのは大学生にとっては相当痛い出費となりますよね。

 

ソリティアとマインスイーパーができない!

私自身、最もびっくりしたのがWindowsで当たり前のように遊んでいたゲームがMacには入っていないということでした。

ソリティアもマインスイーパーもApp Storeでダウンロードしなければならなかったのには驚きました。

その代わりと言ってはなんですが、チェスが入っていました。一度もやらずに削除しましたが・・・。

 

Macはどういう人向けなのか?

Macはレポート作成以外の使用がメインの方にオススメします。

正直、レポートやレジュメ作成に関してはどうしてもWindowsよりもコストがかかります。

 

ちょっとした音楽を作ったりムービーを編集したりと言ったクリエイティブな方には向いています。

App Storeで販売されている音楽作成ソフトには600円ほどのものから20000円ほどのものまでありますので、「ちょっと軽い気持ちでやってみる」が「ちゃんとできる」のがMacです。

 

 

画像解像度も高いので細かいビット数まで画像を見ることができます。

また、iPhoneユーザの方であればiPhoneの使い道が広がるというのも大きなメリット。

撮った写真をiCloudに紐づけておけば、コードで接続しなくてもMacのパソコンですぐに見ることができます。

 

また、持ち運びに大変向いているためアイディアをまとめたり、アウトプットする良い相棒として使えます。

 

まとめ

これを言ってしまえば元も子もないのですが、MacとWindowsはどちらがいいのか?という答えは、「ぶっちゃけ、どっちでも良い」です。

 

どっちでもやりたいソフトがあれば買えば良いですし、性能を高めたければカスタムオーダーすれば良いんです。

ただ、大学生にそんな支出する余裕はありません(私もそうでした)。

 

なので、Word、Excelをとりあえずできれば良いのならばWindows

Word、Excelに関しては学校のパソコンでやるので、趣味や創作としてのPCが欲しいならばMac

という大雑把なフィルターにかけてみてください。

 

「何に使うかで物は選ぶ」というのが最も大事です。

 

ちなみに私はMacユーザ。

なぜMacユーザかというと、スタバでドヤ顔をしたかったからです(笑い)

 

今回の記事が大学生の方のパソコン選びの参考になれば幸いです。