ネットを使った稼げる副業は何?アフィリエイトの種類と広告収入の仕組み!!

shikumi

今、サラリーマンや主婦の間ではネットを使った副業が流行っています。

あるアンケートによると、20代~40代の会社員の5人に1人が副業をしているみたいですね。

 

ネットビジネスはパソコン一台ででき、初期費用もほとんどかからないので副業として興味を持っている方が多いのも頷けます。

そこで今回は、ネットビジネスの様々な種類や、その中のアフィリエイトの仕組みについて解説していきたいと思います。

 

ネットビジネスの種類

ネットビジネスと一言で言っても実は様々な種類があります。

 

  • アフィリエイト
  • せどり
  • オークション
  • 個人輸入・輸出
  • コンテンツ販売

 

代表的なのはこの辺りなのですが、それぞれどういった特徴があるのか簡単にご説明します。

 

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のブログなどで商品を紹介して、その商品が売れると紹介料(手数料)がもらえるというものす。

基本的な仕組みは自動車学校や学習塾で行われている「友達を紹介してくれたら5000円差し上げます。」といったキャンペーンと同じです。

 

あなたが免許を取りたいと思っている人を自動車学校に紹介し、入学が決まれば自動車学校には入学金や授業料が入るので、その中からキャッシュバックされるという訳です。

アフィリエイトとはこの構図をインターネットを介して行うものだと思ってもらえば分かりやすいと思います。

 

超簡単に言うと「私の紹介で商品が売れたら紹介料頂戴ね!!」というビジネスです。

商品が売れたら報酬が発生する。

これを『成果報酬型』のアフィリエイトと言います。

 

そしてもう一つ、ブログに掲載された広告がクリックされると、商品が購入されなくても報酬が発生するというものもあります。

これを『クリック報酬型』のアフィリエイトと言います。

 

今はこのクリック報酬型アフィリエイトが初心者でも稼ぎやすい手法として人気があり、僕もこのアフィリエイトでネットビジネスの世界に飛び込みました。

 

先程、成果報酬型のアフィリエイトは商品が売れて初めて報酬が発生すると説明しました。

そう考えると、商品を売る(成約)させるにはコピーライティングという文章力やセールステクニックが必要となります。

しかし、クリック報酬型のアフィリエイトは表示された広告がクリックされればいいだけなので、ハードルはグンと下がります。

 

アフィリエイトは自分が作ったサイトが軌道に乗ってしまえば、何もしなくても収入が発生するようになるので半不労所得も可能です。

私は初心者の方が始めやすいネットビジネスとして、このクリック報酬型のアフィリエイトをおすすめしています。

 

せどり

せどりとはブックオフやリサイクルショップで本やDVD、ゲームを安く購入したものを、Amazonなどで転売して差額によって儲けるビジネスです。

 

数百円で購入した本が2000円で売れるということもあり、効率よく数をこなして稼いでいる人が沢山います。

 

よく古本屋でスマホを片手に、カゴに何冊もの本を入れている人を見かけませんか?

こういった方はほぼ間違いなくせどりをされている方です。

 

このせどりも初心者でも始めやすいネットビジネスなのですが、色々な場所を動き回って仕入れをする苦労があります。

『安く仕入れて高く売る』という仕組みがとてもシンプルなので、ビジネスとしては始めやすいと思います。

 

ただ、自分が働いた分だけしか収入が得られないという意味では労働収入であり、仕入れも必要なので大きく利益を出すのにはかなりの経験が必要です。

 

個人輸入・輸出(オークション)

個人輸入・輸出(オークション)はebayやAmazonといったサイトで海外と取引をして、日本と海外の商品の価格差で利益を出すビジネスです。

 

そのため、ある程度の英語での対応や仕入れ資金が必要となってきます。

為替の動きによっても左右されるので、初心者が始めるにはちょっと敷居が高いかもしれません。

 

ただ、ヤフオク(Yahooオークション)であれば比較的簡単に始められるので、ネットビジネスに慣れるために、まずはヤフオクで不用品などを売ってみるというのはおすすめです。

 

コンテンツ販売

コンテンツ販売は上記で紹介したネットビジネスのノウハウや、その他に自分の得意な事をコンテンツとしてまとめて販売する方法です。

例えば、「アフィリエイトで月収100万円稼いだ方法」や「3ヶ月でマスターする英会話上達法」といったノウハウが手に入るとなれば興味を引かれる方も多いのではないでしょうか?

 

こうしたコンテンツ販売を行えば自分の知識をお金に買えることが出来るので、ネットビジネスの世界で大きく稼がれている方はこの手法で稼いでいることが多いですが、難易度も高く上級者向けです。

 

この中でオススメなのは?

一言でネットビジネスと言っても様々な種類があることを分かってもらえたと思います。

 

よくネットビジネスに興味を持っている方や、初心者の方から「何がおすすめですか?」「どのように始めればいいですか?」と聞かれることがありますが、そういった場合はやはり初期投資が少くてすむアフィリエイトをおすすめしています。

 

パソコンさえあれば空き時間を使って取り組めるアフィリエイト。

自分の努力次第ではそれが不労所得になっていくと考えると、やはり魅力は大きいです。

 

では次に、アフィリエイトの種類や広告収入の仕組みについて解説していきたいと思います。

最初の部分と重複するところもありますが、復習の意味も兼ねて読んでみて下さい。

 

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは商品を売りたい人と買いたい人を結びつける紹介業のようなもの。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)というところに登録されている商品をネットで紹介して販売していきます。

関連記事⇒アフィリエイトを始めるのに必要なおすすめASP一覧!!

 

例えばアクセサリー職人さんが作った新作の指輪をASPに登録したとします。

ASPのサイトに登録された指輪をアフィリエイターが見つけ、自分のブログで指輪を紹介します。

そして指輪が無事に売れると、売れた金額の何割かがアフィリエイターに報酬として入ります。

 

仲介したASPにも手数料が入り、アクセサリー職人さんは営業をする必要がなく商品を販売することができます。

 

これによって職人さんは作品を作る事だけに集中できる訳ですね。

 

そして購入者もアフィリエイターが商品を購入して試した感想(レビュー)などがあることで安心して購入する事ができるという、まさにWIN-WINの仕組みと言えます。

 

アフィリエイトの種類

そして、アフィリエイトも2つの種類に分ける事ができます。

まず、先程紹介した商品が成約することで報酬が発生するアフィリエイトを成果報酬型と言うんでしたね。

そしてもう1つは、表示された広告がクリックされれば報酬が発生するというクリック報酬型のアフィリエイト。

 

このクリック報酬型のアフィリエイトであれば、商品が購入されなくても広告がクリックされるだけで報酬が発生するとお伝えしました。

クリック報酬型の広告で有名なのは”Google Adsense”というグーグルの広告で、自分が作ったブログに大量にアクセスを呼び込む記事を書くトレンドアフィリエイトという手法に利用されます。

 

成果報酬型の広告は”A8ネット”や”楽天アフィリエイト”が有名で、”Amazonアソシエイト“も成果報酬型になります。

 

例えば楽天アフィリエイトであれば、自分のブログやサイトに貼っておいた商品の広告を通して商品が売れると、その商品の何パーセントかが報酬として得られるのでイメージがしやすいかと思います。

(実際はcookieという足跡のようなものが有効になり、広告をクリックして数日してから商品が売れても報酬が発生します)

 

この成果報酬型アフィリエイトをどういった媒体で行うかによっても呼び方が変わり、

 

  • メールを使って行えば⇒メルマガアフィリエイト
  • サイト(ホームページ)を使って行えば⇒サイトアフィリエイト
  • ブログを使って行えば⇒ブログアフィリエイト

 

となります。

 

さらに紹介するのが服や本といった”物”であれば物販アフィリエイト、FXで勝つ方法や株で稼ぐ方法といった”ノウハウ”をまとめたものを売れば情報商材アフィリエイトとなります。

 

最後に

ちょっとややっこしいかもしれませんが、何となくイメージだけでもつかめましたか?

 

次回は私が何故アフィリエイトをおすすめするのか?

アフィリエイトのメリット、デメリットついてご説明します。

関連記事⇒リスクが低い副業!!アフィリエイトのメリットとデメリット!!