ブログ記事のインデックスが遅い時の改善方法!!

fetch

トレンドブログに限らず、新しくブログを作ったばかりの頃は記事を書いてもインデックスされるのが遅く、長いときには1週間近くかかってしまう事もあります。

 

これは、ある程度先のネタを記事にする場合は問題ありませんが、リアルタイムのネタを扱うときには決定的に不利になります。

 

そこで今回は、作りたてのブログでもすぐにgoogleにインデックスされるようにするサーチコンソールの機能『fetch as google』を紹介します。

 

fetch

 

記事のインデックス

記事がインデックスされるというのは、YahooやGoogleでその記事を検索した時に、記事が『検索結果に反映されている事』を言います。

 

つまり、記事がインデックスされていないと、検索エンジンに直接そのブログ記事のURLを打ち込んでも表示されないということです。

 

記事数が増え、頻繁にブログを更新していると、検索ロボット(クローラー)が自分のブログを訪れる頻度も多くなるのですが、ブログを作ったばかりの頃は検索ロボットはほとんど自分のブログに訪れてくれる事はありません。

 

なので、記事がインデックスされるまでに時間がかかります。

 

そこで、サーチコンソールにある『fetch as google』という機能を使って、Googleに記事のインデックスを依頼しましょう。

 

関連記事⇒Googleサーチコンソールに登録する方法!!

関連記事⇒Googleサーチコンソールの使い方とサイトマップ送信方法!!

 

fetch as googleの使い方

まずはサーチコンソールのサイトのダッシュボード画面に進みます。

 

左の【クロール】という部分から【fetch as google】を選択します。

 

fetch as google 1

 

赤枠の欄にインデックスさせたい記事のURLを入力します。

 

URL全てではなくて末尾(パーマリンク)の部分だけでOKです。

 

入力が終わったら取得をクリックします。

 

fetch as google 2

 

その記事のパーマリンクが反映されるので【インデックスに送信】をクリックします。

 

fetch as google 3

 

今回は記事単体でインデックスさせるので上のチェックボックスを選択して【送信】をクリックします。

 

サイトの構造などを大きく変更した場合などは下のチェックボックスをチェックすることで、検索ロボットにサイト全体をクロールさせることも出来ます。

 

fetch as google 4

 

下記のように【インデックスされたURL】となっていれば成功です。

 

fetch as google 5

 

YahooやGoogleで直接ブログ記事のURLを検索窓に打ち込んでみると、検索結果に反映されている事が確認できます。

 

基本的にはすぐにインデックスに登録されて、検索結果に反映されるようになりますが、表示されない場合は少し時間を置いてみてください。

 

まとめ

ブログを作ったばかりの時は『fetch as google』を利用して、記事のインデックスを早めておきましょう。

 

ブログが成長してくるとインデックスが早くなったり、検索順位の上位に入りやすくなるなど変化が実感できると思うので、その時までは使っていたほうがいいですね。

 

あと、『fetch as google』は必ずインデックスされるというものではなく、あくまでもインデックスするようにGoogleに依頼するものですので、その点は注意が必要です。

 

また、記事がインデックスされる事と検索順位の上位に入るという事も別の話なので、混同しないようにしてください。