ブログの記事を上手に書くためのテクニック!!

kijikotu

トレンドアフィリエイトや特化型アフィリエイトに関わらず、ブログで稼ぐためには記事を書いていかなければいけません。

 

ただ、どういう風に記事を書いたらいいか分からない人も多いと思いますので、今回は記事を書くときのコツとポイントをご紹介しようと思います。

 

よくある症状

自分が書いた記事を見直してみると、「何か文章がまとまってないな~!!」と思うことがよくあります。

 

特にブログを始めたばかりの頃は、私もその症状が顕著で、記事を書き直してばかりでした(笑)

 

ただ、ある時にたった一つの事を心掛けただけで、比較的スムーズに記事が書けるようになってきました。

 

下記のような症状で悩んでいる方は是非試してみてください。

 

  • 記事の出だしを考えるのに時間がかかる。
  • 途中で書くことがなくなり止まってしまう。
  • 書いているうちに話が逸れていく。
  • 書きあがっても文章がまとまってない。

 

形式に沿って

その方法を簡単に言うと、型にはめて記事を書いていくという事。

 

その型というのは文書を書くときの基本中の基本といわれる『起承転結』です。

 

kijikotu

 

この型を意識していれば、話が脱線する事もなく、スムーズに記事を書くことができます。

 

起承転結の意味を簡単に表すと下記の様な感じになります。

 

【起】⇒予告、紹介

【承】⇒エピソード

【転】⇒急展開、解決法、答え

【結】⇒オチ、まとめ

 

4コマ漫画でも良く使われている手法なので分かりやすいのではないでしょうか?

 

この型にはめて記事も書いていくと、途中で迷う事が少なくなります。

 

実際に書いてみると

例えば、【無料通話アプリのLINEの乗っ取りに関する注意喚起とその解決方法】を記事にする場合を例にしてみましょう。

 

【起】⇒LINEというサービスの概要や紹介

今では多くの人が使っているLINE。利用者が増えすぎてLINEをしていないと仲間の輪に入れないことも多々あります~

【承】⇒普段自分がどのように使っているかのエピソード

私の場合は無料通話ではなく、メッセージ機能をメインに使っていますが、本当に便利です~

 【転】⇒乗っ取りなどの危険性

ただ、最近流行っているのがLINEアカウントの乗っ取り。第三者が自分に成りすまして友達にメッセージを~

【結】⇒安全に使うためのアドバイス

これはパスワードをなるべく複雑なものにしたり、他のサービスで使っているパスワードを使用しないことで~

 

といった感じで書いていきます。

 

このように最初から段落で分けて、それぞれの文章を肉付けしていくのがコツで、後から記事を繋げていけば、話の軸がブレにくくなります。

 

もう一つ、身近な観光スポットの案内記事を書く場合を例に上げてみましょう。

 

【安芸の宮島の紅葉おすすめスポットと渋滞、駐車場に関して】

 

【起】⇒観光地の大まかな紹介

秋も深まり紅葉の季節となりました。紅葉を見るなら安芸の宮島が有名ですよね。宮島は広島県の~

【承】⇒見所やおすすめのスポット

私も紅葉の季節にはよく宮島に行くのですが、その中でもおすすめするスポットは~

【転】⇒駐車場や渋滞、トイレの場所などの問題点

ただ、宮島に行くのに問題なのが渋滞と駐車場。宮島に渡るフェリー乗り場に通じる道はいつも混雑しています~

 【結】⇒問題の解決方法やまとめ

私は渋滞に巻き込まれるのが嫌なので、広島市西区のマリーナホップからフェリーで宮島に渡っています。ここだと駐車場も~

 

といった感じです。

 

まとめ

流れとしては起承転結のそれぞれにタイトル(小見出し)を決めておいて、その事について250文字程度の記事を書く。

 

その4つの記事を繋げると1000文字の記事が出来上がっているという感じですね。

 

最初は面倒くさく感じるかもしれませんが、いまいち記事が上手くかけないという人は、このように起承転結で分けてから記事を書いていく方法を試してみてください。