パレートの法則と2:6:2の法則を経営やビジネスに応用してみる!!

kenkyuu

今回はパレートの法則についてのお話です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、パレートの法則は、全体の8割のものは2割のものによって作り出されているという法則です。

 

この法則はとても興味深いものなので少し掘り下げて考えてみたいと思います。

 

パレートの法則

パレートの法則は簡単に言えば20:80の法則。

 

様々な事がこの割合に分けられるというものです。

 

例えば、

 

全人口の2割の富裕層が、全所得の8割を持つ

全商品のうち売れ筋の20%の製品で売上の80%を上げている

全顧客の中の20%の優良顧客が売上の80%を生み出している

会社の中で真面目に働いているのが20%、働かないのが80%。

所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている

上位20%の営業マンが、売上げ全体の80%を上げている

上位20%の納税者が税金の80%を負担している

 

というもので、ビジネスや経営面においても多くのことに当てはめる事ができます。

 

このパレートの法則に似たものに、『2:6:2の法則』というものもあります。

 

これは簡単に言うと、『優秀』『普通』『不良』が2:6:2の割合で存在するというもの。

 

中学校や高校時代のクラスに当てはめてみましょう。

 

  • 勉強のできる優秀な生徒が2割
  • 勉強のできない生徒が2割
  • 残り6割は普通の生徒

 

私の学生時代を思い返してみると、どの学年の時のクラスも、ほぼこの法則に当てはまってたと思います。

 

kenkyuu

 

活用方法

今回は「この割合は実際に正しいのか?」とか、「きちんと証明されている法則なのか?」といった話をしたい訳ではありません。

 

人にはやはり意識レベル(格や器)というものがあるということを理解しなければいけないという事です。

 

割合は違いますが、美輪明宏さんは、クラスの1割が優秀な生徒で、1割がどうしょうもない生徒、残りの8割はバカ!!と著書で述べておられます。

 

この様に、1番大多数を占めるのは『普通』の部類に属する人たちです。

 

美輪さんの表現を借りれば、何も考えていない人たちなのです。

 

この事をよく覚えておきましょう。

 

これをビジネスの世界に置き換えて下さい。

 

ビジネスマン、経営者の中でも優秀な人は2割です。

 

後は、悪徳な方法で収入を得る2割の人と、戦略などを立てずにただビジネスを展開している6割の人たちです。

 

人を見る

この概念が頭の中にインプットされると人を見ることができるようになります。

 

  • あなたにアドバイスをしてくれる友人はどのステージの人ですか?
  • 参加したセミナーの講師は本当に優秀な2割に属する人ですか?
  • あなたのビジネスパートナーや社員の中に優秀の2割に属する人はいますか?

 

人は本当に自分がこうした方がいいと思うアドバイスをしてくれます。

 

ただ、そのアドバイスが確かな経験や知識に裏づけされたものである事は少ないです。

 

何故ならあなたにアドバイスをくれる人の多くは普通の6割に属する人だから・・。

 

あなたのためを思って、的外れなアドバイスや意見を言ってくれます。

 

もちろんな悪気があって言っている訳ではありません。

 

成功するためには

少し話が長くなりましたが、何が言いたいかと言うと、困った時や迷った時には多くの人にアドバイスを求めればいいというわけではないという事です。

 

時に大多数の意見があなたの足を引っ張ることもあります。

 

成功を目指すためには人と違った考え方や、違った行動を起こさないといけません。

 

成功している全体の2割の人の思考や行動を手本としなければいけません。

 

例えばあなたが起業を考えたとしましょう。

 

その時に8割の人が、

  • 「会社に勤めて安定した給料をもらったほうがいい。」
  • 「雇ってもらえるだけでもありがたいと思わないと。」
  • 「福利厚生がしっかりしている会社に入りなさい。厚生年金じゃないと厳しいよ。」

 

と、自分なりにあなたのためを思ったアドバイスをしてくれます。
もう分かりますよね?

 

ここであなたが耳を傾けなければいけないのは2割の成功者の声です。

 

そこで成功者が「やめておいた方がいい。」と言えば本当に時期尚早なのでしょう。

 

ただ、「やってみればいいと思う。」という答えが返ってきたのなら、その声に従ってもいいと思います。

 

もちろん、失敗してもその人のせいにするのはお門違いです。

 

まとめ

アドバイスをくれる人全てが優秀な人ではありません。

 

法則の割合に多少の違いはあるにしても、大きく分けるとやはりパレートの法則(20:80の法則)に当てはまると私は思っています。

 

8人の多数の意見に振り回されるより、確実に信頼のおける2人の意見に耳を傾けるようにしましょう。

 

ついていく人を見誤ると本当に時間を無駄にしてしまいます。