Googleの手動ペナルティを解除する方法と期間!!

kaijo

トレンドアフィリエイトやサイトアフィリエイトを実践しているとGoogeの手動ペナルティを受けてしまう事があります。

 

私の場合はトレンドブログを始めて3ヶ月で月収10万円を超えたのですが、それとほぼ同時にペナルティの通知がきました。

 

今ではペナルティは解除され再び多くの方が訪れてくれていますが、今回は私がペナルティを受けた時にどういった方法で解除できたのかという経緯をご紹介したいと思います。

 

kaijo

 

手動ペナルティとは?

トレンドブログに限らずサイトを作るときなども、基本は検索する人が知りたい情報、訪れた人にとって役立つ有益な記事を書く事です。

 

しかし、これに反して自身の運営するブログがユーザーに価値を提供していないとGoogleから判断された時に手動ペナルティを受け、その結果サイトや記事が圏外に飛ばされ検索結果に表示されなくなります。

 

トレンドブログで受けるペナルティで一番多いのは「 実質のないコンテンツ」という、下記の要因に基づくものではないでしょうか?

 

  • 自動生成されたコンテンツ
  • アフィリエイト プログラム
  • 無断複製されたコンテンツ
  • 誘導ページ

 

上記4点に当てはまらない場合も、結局はサイト(記事)の質が低いと判断されてしまうようです。

 

ペナルティを受けると、「自分のブログには訪れてくれる人も多く、有益な情報を提供している。」と思ったりもしますが、その判断を下すのはGoogleなので、Googleがダメと言えば従うしかありません。

 

私のトレンドブログ場合

私はあるテレビドラマに特化したトレンドブログを作っていたのですが、このテレビドラマが実際にあったことを元にして作られたドラマだったので、登場人物の実際の姿(性格)や逸話など、ドラマを見た人が気になるであろう事を書いていました。

 

その結果、ドラマの放送日にはかなりのアクセスが集まっていました。

 

アナリティクス リアルタイム

 

ところが、突然手動ペナルティを受け、実質のないコンテンツと判断されました。

 

こうなってしまった以上、Googleの基準を満たさなければペナルティを解除して復活することはできないので、もう一度、Googleの品質に関するガイドラインをチェックしてサイトの修正をしていきました。

 

そして再審査リクエストを出した結果、2度目で手動ペナルティの解除となりました。

 

ペナルティ解除までの期間は動き出してから約1週間でした。

 

手動ペナルティ解除の方法

私の行ったペナルティ解除の対策は下記のもので、

 

  • 自分で自信をもってすすめられるオリジナル記事を20記事だけにする。
  • その際、記事のボリュームを付け、著作権フリーの画像やパブリックドメインの画像しか使用しない。
  • タイトルはキーワードを詰め込まない普通のタイトルにする。
  • そして改善した点を報告する欄では「上記の改善した点をすべて記載し、自分の好きな事をオリジナルで記事を書いている」という事を伝える。

 

というものでした。

 

記事数が大幅に減ってしまうのはもちろん痛かったですが、これでOKが出たということは選抜した20記事のボリュームや内容は、少なくともグーグルの基準を満たしていると言えます。

 

後はこの20記事と同じクオリティーとボリュームで記事を書いていけばペナルティを受ける可能性は低くなります。

 

まとめ

今回の内容は、私がとった対策や見解を書いただけなので、もちろんこのやり方が正しいというわけではありません。

 

私と同じくペナルティを受け、どうしたらいいか迷ってしまっている人に、ペナルティが解除されブログが復活した事例として参考にしていただければ幸いです。

 

手動ペナルティを受けないサイトやブログを作るためには、日頃から独りよがりではなく、第三者の視点に立ってみても”有益”といわれる記事を書くクセをつけることが大事ですね。