WiMAXのW06とWX05はどっちが優秀?実際に使って違いを比較した結果!

「WiMAXのW06とWX05はどっちがおすすめ?

「性能がいいのはどっち?」

WiMAXのモバイルルータを申し込む時、「W06」と「WX05」のどちら端末にすればいいか迷ってしまいますよね?

僕もWiMAXを契約する時には「W06」と「WX05」のどちらにしようか本当に迷いました。

サイズも同じような感じだし、どちらが性能がいいのかイマイチ良く分かりませんでした。

そこでWi-Fiマニアの血が騒ぎ、実際に「W06」と「WX05」を両方使ってみたのですが、結果的に性能が良いのは「W06」でした。

端末のサイズ(重さ)や通信の安定度にはそこまで大きな違いはないのですが、「W06」の方が通信速度が速く、高画質の動画もストレスなく観ることができます。

なので、WiMAXの端末選びで迷っている方にはW06がおすすめです。

今回はW06とWX05を比較してW06をおすすめする結論に至った理由を紹介するので参考にしてください。



↑WiMAXの今月のお得なキャンペーンはこちら↑

W06とWX05のスペックはどれくらい違うの?

まずはカタログに表記してある数値でW06とWX05のスペックを比較してみましょう。

通信速度や1回の充電で使い続けられる時間を比較すると下記のようになります。

 機種 W06 WX05
画像  
メーカー ファーウェイ NEC
下り最大速度 867Mbps 440Mbps
上り最大速度 75Mbps 30Mbps
サイズ 128×64×11.9mm 111×62×13.3mm
重さ 125g 128g
通信時間 9時間 11.5時間
待受時間 800時間 700時間

こうして比較してみると、動画や画像ファイルをダウンロードする時に必要な「下りの最大通信速度」。

写真をインスタにアップする時に必要な「上りの最大通信速度」はW06の方が速いことが分かります。

1回の充電で使い続けられる時間に関してはWX05の方が2時間30分長いですが、ネットに接続せずに待ち受け状態にしておく場合はW06の方が4日間くらい長持ちするようになっています。

この結果から、W06は通信速度が速い方が良い人向けの「スピード重視型」

WX05は通信速度よりもバッテリーが長持ちする方が良い人向けの「スタミナ重視型」の端末と言えます。

2つの端末の詳細なスペックはこちらで確認できます

W06とWX05を実際に使って比較してみた

先ほど紹介したのはあくまでもカタログに記載してある数値です。

では、実際に使ってみるとどれくらいの違いがあるのでしょうか?

まずは通信速度の違いからみてみましょう。

通信速度はW06の方が速い

まずW06のスピードテストをした結果がこちら。

朝、昼、夜と時間帯を変えて速度を計測したところ、平均して30Mbps〜40Mbpsという数値が出ました。

一方、WX05のスピードテストをしたところ、通信速度は20Mbps〜30Mbpsと言ったところ。

最大速度が速いだけあって、通信速度はW06の方が速いです。

なので、

  • 高画質の動画を視聴するので通信速度が速い方がいい
  • 通信速度が速さは正義
  • ネットが遅くてイライラするのが嫌だ

という人はW06を選ぶのがおすすめです。

ぽみぃぽみぃ

オンラインゲームや高画質の動画を視聴する場合でも10Mbpsの速度が出ていれば充分です。

なのでWX05でもストレスなくネットを利用することができます。

ただ、「通信速度は少しでも速いに越したことはない」という人はW06を選ぶようにしましょう。

W06を申込むとキャッシュバックがもらえるキャンペーンはこちら

バッテリーが長持ちするのはWX05?

カタログ値では、連続して使い続けることができる(バッテリーが長持ちする)のはWX05となっています。

一方、ネットに接続せずに待ち受け状態にしている場合はW06の方がバッテリーが長持ちします。

 機種 W06 WX05
画像  
通信時間 9時間 11.5時間
待受時間 800時間 700時間

ただ、2つの端末を使って思うのは、バッテリーの持続時間に大きな違いは感じないということです。

2つの端末を同時に使って比較すれば違いが出るのかもしれませんが、普通に使っている感覚だとどちらも同じような感じです。

お昼前にフル充電したWiMAXを持ってコワーキングスペースやカフェへ直行。

そこで半日作業することが多いのですが、夜にはどちらの端末も充電がなくなりかけています。

基本的にはW06もWX05も「半日って充電」という感じなので、バッテリーの持続時間にはそれほど差がないと思ってOKです。

ぽみぃぽみぃ

カタログの数値ではWX05の方がバッテリーが長持ちするようになってるけど、実際に使ってみるとあまり差は感じません。

持ち歩きに便利なのはどっち?サイズや重さを比較

W06とWX05は持ち歩きができるモバイルルーターなので、どちらが持ち歩きに適しているか気になりますよね?

ポケットに入りやすいサイズ感や、カバンに入れても気にならない重さかどうかは重要なポイントです。

ただ、サイズや重さに関してはどちらもほぼ同じ。

 機種 W06 WX05
サイズ 128×64×11.9mm 111×62×13.3mm
重さ 125g 128g

強いて言えば、「W06の方が角が丸いのでポケットからの出し入れがしやすいかな・・・?」という程度です。

↑重さやサイズはiphoneSEと同じくらいです↑

重さはどちらも120g台なので、文庫本よりも少し軽いくらいですね。

なので通信速度を重視しない人は、重さやサイズは気にせずに好きなデザインで選ぶのもありです。

電波の受信感度は?繋がりやすいのはどっち?

WX05には「WiMAXハイパワー」という、電波の届きにくいエリアで通信速度を改善する機能がついています。

電波が弱い時に通信品質を向上させるWiMAXハイパワーに対応。従来機と比べて、電波が届きにくいエリアにおいて通信速度が改善します。

一方のW06は「Wi-Fi TXビームフォーミング」という機能で受信感度を上げています。

高性能ハイモードアンテナ搭載でアンテナ感度が向上し、いままで繋がりにくかった場所でも、電波をしっかりキャッチ! Wi-Fi TXビームフォーミング搭載で、通信の安定性が向上し、中・弱電界のWi-Fi電波の受信速度が約20%アップ!

そのため、どちらの端末も電波の繋がりやすさに違いはありません。

実際に自宅の同じ場所でアンテナの本数を比べてみましたが、窓に近いリビングではどちらも4本。

少し奥にあって電波の入りづらいお風呂場では、どちらも3本〜4本を行ったり来たりする感じでした。

なので繋がりやすさに関しても、特に優劣はないと思っておいて大丈夫です。

W06とWX05の比較まとめ

という訳で、W06とWX05を比較した結果をまとめてみました。

ざっくり比較するとこんな感じです。

W06 WX05
画像  
通信速度(下り) 30Mbps〜40Mbps 20Mbps〜30Mbps
通信速度(上り) 7Mbps〜15Mbps 5Mbps〜12Mbps
バッテリー 持続時間はどちらも同じくらい
サイズ(重さ) どちらも同じくらい
電波の受信感度 どちらも同じくらい

端末のサイズやバッテリーの持続時間、電波の受信感度はどちらも大差はありません。

ただ、通信速度はW06の方が速い傾向にあります。

そのためモバイルルーターとしての性能はW06の方が上です。

なので、

  • 高画質の動画をよく観る
  • 通信速度が速い方がいい

という人にはW06をおすすめします。

W06がお得に申込めるキャンペーンはこちら

W06を公式ページよりお得に申込む方法

最後にW06を公式ページよりもお得に申込む方法を紹介します。

それが、プロバイダが行なっているWEBキャンペーンを使ってW06を申込むこと。

このキャンペーンを利用すれば、下記の4つの点で公式ページで申込むよりお得になります。

WEBキャンペーンの4つのメリット
  • 月額料金が公式ページで申込むより安い
  • 3万円を超えるキャッシュバックがもらえる
  • W06本体が無料でもらえる(公式ページからだと有料購入)
  • 20日以内なら違約金なしで解約できる

キャッシュバックなどを加味すると、トータルで3万5千円くらいWiMAXが利用できるようになります。

プロバイダというのは本家の「UQモバイル」に代わってWiMAXを販売している販売代理店のことです。

WiMAXを代わりに販売しているだけなので、どちらで申込みをして通信速度や通信エリアは同じです。

さらに「au」や「UQモバイル」のスマホを使っている人にはセット割引も適用されます。

公式ページからWiMAXを申込むと高い月額料金でW06を使うようになるだけでなく、端末も有料で購入しないといけません。

なのでW06を申込む場合はWEBキャンペーンを利用するのがおすすめです。

W06がお得に申込めるキャンペーンはこちら