宅配弁当のnosh(ナッシュ)では、口座振替(銀行引き落とし)やデビッドカードでの決済は利用できません。

そのため、利用できる決済方法は

  • クレジットカード決済
  • 代金引換
  • コンビニ後払い(2回目以降)

の3種類です。

ただ、「コンビニ後払い」は2回目以降でないと使えないので、初回はクレジットカード決済か代金引き換えのどちらかを選ぶことになります。

代金引換は毎回330円の手数料がかかってしまうので、料金的には少し高くなります。

なので、ナッシュは手数料のかからない「クレジットカード払い」で申込みをするのがベストです。

反対に、

「なるべくクレジットカードを使いたくない…。」

という人は、最初は「代金引換」で申込んで、2回目以降は手数料の安い「コンビニ払い」に変更するのがおすすめです。

今回はナッシュを利用している筆者が、初めて利用する方にも分かりやすく、支払い方法やコンビニ払いへの変更方法を解説するので参考にしてください。

支払い方法手数料備考
クレジットカード決済
代金引換330円
コンビニ後払い220円2回目以降

>>ナッシュの初回割引キャンペーンはこちら<<

初めてナッシュを利用する人の支払い方法は2種類

最初にもお伝えしたように、初めてナッシュを利用する人は、「クレジットカード決済」か「代金引換」しか選べません。

使えるクレジットカードは

  • VISA
  • Mastercard
  • アメックス
  • JCB
  • ダイナース

の5種類。

利用した料金は使っているカード会社の引き落とし日に、登録している銀行口座から引き落とされます。

一方の代金引換は、宅配業者(ヤマト運輸)が荷物を届けてくれた時に、配達員さんに料金を支払うことになります。

送料に加えて、代引き手数料の330円が加算されるので、少しだけ料金が割高になります。

らいと

クレジットカードと似たサービスに、銀行口座から直接引き落とされるデビッドカードというものがありますが、デビッドカードはナッシュの支払いでは利用することができません。

なので、「一番安くて簡単に支払いがしたい」という人はクレジットカード決済を選ぶのがベストです。

>>ナッシュの初回割引キャンペーンはこちら<<

2回目以降はコンビニでの後払いができる

2回目以降はコンビニでの後払いが利用できるようになります。

支払い方法の変更は【マイページ】→【お届け設定】へ進んで、【クロネコ代金後払いサービス】をクリックするだけ。

これで支払い方法が変更されます。

その後、商品とは別に請求書(支払い票)が送られてくるので、近くのコンビニや郵便局で支払いをしましょう。

ほとんどのコンビニで支払いができるので、商品を確認してから支払いをしたいという人には便利です。

使えるコンビニ一例

セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・デイリーヤマザキ・ポプラなど

ただ、後払いも代金引換と同じように、送料とは別に220円の手数料がかかるので注意してください。

>>ナッシュの初回割引キャンペーンはこちら<<

どの支払い方法が良いか迷ったら

では、支払い方法に迷ったら「クレジットカード決済」、「代金引換」、「コンビニ後払い」のどれを選べばいいのでしょうか?

これは確実にクレジットカード決済がお得。

余分な手数料がかからないので、ナッシュの一食分の価格を安くすることができます。

「代金引換と比べて330円しか違わないじゃん」と思うかもしれませんが、10回頼めば3,300円も変わります。

なので、特に支払い方法にこだわりがない場合は、クレジットカード決済を選ぶのがおすすめです。

逆に、クレジットカードを持っていない人は、最初は代金引換を選ぶしかありません。

そして、2回目以降は手数料が100円安くなるコンビニ後払いに変更しましょう。

代金引換は荷物が届いた時に財布にお金が入ってなかったり、配達員さんがお釣りをもっていなくて、意外と時間と手間がかかることがあります。

なので「代金引換」よりも、自分のタイミングで支払いができる「コンビニ後払い」の方がおすすめです。

ナッシュを利用するのに便利な支払い方法をおすすめ順に並べるとこんな感じ。

  1. クレジットカード決済
  2. コンビニ後払い
  3. 代金引換

特に理由がない場合は、手数料がかからず、支払いの手間もないクレジットカード決済を選ぶのがベストです。

>>ナッシュの初回割引キャンペーンはこちら<<